プロフィール

パイパン大好き、略称 P

Author:パイパン大好き、略称 P
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性。現在、毒親との関係に決断出来ずにグズグズ状態です。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
停滞情報
18日、毒母の施設に入って貰うのに一悶着あって、罵声、泣き喚き、大声を張り上げたり・・・、
自分で言うのも変ですが「私、今チョッと精神状態が普通ではないです! おかしいです!」
こんな状態ですので、暫く停滞します、、、ご訪問下さり、本当にありがとうございます。

ブログ経過報告他 | 【2017-05-23(Tue) 06:36:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
入所日決定
兄からの電話で毒母の施設への入所日が18日に決定したことを知った。
私には急なことで心が乱れ取り乱して冷静さを失った、入所日に合わせて先に姉、後から兄が帰ってくる。

私は・・、若しも毒母が今なら「食べたくない・・」と言って食事を取らない! これさえ改めてくれたら、何とか今のままの流れ(週2回のディ、3泊4日ショートステイ)で行けそうな気がしていた。
これは明らかに今までの私の言動と矛盾している、今まで「毒母と一緒に暮らせない、兄か姉が暮せばいい、施設に入れてくれ!」と兄、姉に文句の電話、メール何度となく繰り返していた。 

それが、毒母が施設に入ることが急に目の前にぶら下がり現実味を帯びるとしり込みをしている。
急に怖くなったのだ、、何を怖がっている? それは『母親を見捨てる私は何って酷い人間なんだと、自分を責めている!』 これは言い換えれば私の毛嫌いしている毒母の『外面の良さ』と同じ、私は外の人間から良く思われたい! これをまさに私が実践しようとしている。

自分の本音を隠して、私はもっともらしい理由を上げて「毒母が入所に納得しているとは到底思えない、相当揉める」と・・、それが怖くて同じことを兄、姉に立て続けにメールして、それでも気になって電話で長時間話し込んでしまった。

姉に言われた・・、「施設に入所することに本人の了解は取っていない! 今この機会を逃せばこの先いつ入れるか、全く判らない・・・」 更に姉がケァマネとの間で話をした内容も・・「無理やりでも、お母さんを施設に放り込まないとダメ! 外面のいいお母さんなので他人(施設に入ると)の前ではチャンと食事を取っている、会話もする」

それが家族だと甘えて、食べなかったり、文句を言ったり、つまり甘えてしまう→私の表現「かまってチャン」がまさにそれだ。 家族で面倒見きれないのだから他人に任せる! そうしないと面倒を見る家族の方が倒れる」 まさに私が5/1の記憶が一切飛んでしまった(一過性の健忘症)これだ! ストレスが私に重くのしかかり私の体・心が悲鳴を上げている証拠。 

母親のことより自分の体を第一に考え大切に、長々と電話口で話をしていて涙が溢れて止まらなくなった。

親子関係 | 【2017-05-15(Mon) 06:28:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
毒母の入所
兄、姉が毒母の入所させ、契約を交わす、私にとっては突然の話で動揺してしまった。
昨日(12日)の話に追加して、、兄、姉にメールを書いた。

繰り返しになりますが、毒母の介護施設等への入所に反対はしていません。 私が見る限り毒母は≪週二回のディ、3泊4日のショートステイ≫外面の良さを発揮して、迎えや電話案内の人々には愛想よく振る舞っているように見える→つまり“いい人”を演じている。

だから自宅に帰ってくると疲れ切って・・・、帰るなり、溜まった鬱憤を私にぶつける→これは私がそう感じるだけで、毒母自身は「どこどこに行って、誰々と会って、話をして、、何々があった・・」とまるで旅行の思い出を語る? そこで出会った人、出来事を話をしている感覚だと想像します。 

だから私が毒母にとっては話(私には聞きったくない愚痴・不 平不満)をするなって、理解できない! 
嘗て私は毒母に「家で文句を言わないでほしい!」頼んだことがありますが、これは『女性に向かって話をするな!』って、ことでしょう、絶対に不可能だ! 

もう一つ絶対に私が出来ないこと、毒母の話=文句・不平不満を聞き流す! 
気にするな!と外の人間(兄、姉)は言うけれども、私には出来ない!!ストレスが溜まりに溜まり、一過性の健忘症の原因の多くを占めていると思う、だから毒親の話(私にとっては文句、悪口等々)を聞いても、聞き流すことができる同じ種類の人間→兄か、姉が、一緒に暮らせばいいと前々から言っているのです。私は相当の期間、私の出来ることはやったと、役目を果たしてきたと思う。

今度は兄、姉が“汗をかく”=具体的な行動、つまり今回行おうとしている毒母を施設入所に関して、毒母への説得・納得をさせること、入所後にトラブルが起こらないように万全の手配をする。

そして身勝手だと承知していますが、入所後の緊急連絡先、身元引受人はお断りします。 
理由は私の感じでは毒母が入所に納得しているとは到底思えず、何かしらのトラブルで『かまってチャン』になりそうな危機感を感じるからです。

一旦私が呼び出され、それを見た毒母がこれ幸いと次々と同じことの繰り返すかもしれないからです。 
改めて説明するまでもないかと思いますが、私が『兄、姉に対して毒親と一緒に・・・』と言っているのは、毒親(発達障害)のマネをして、、私が考える毒母にとっていいこと だと信じて・・・・、

つまり『アンタ(兄、姉、毒母)の為を思って、言っている』言われた兄、姉は失礼を承知で想像して申し上げるなら「冗談じゃない!こちらの都合も考えずに好き勝手なことを言ってやがる!今まで地元でで親と一緒に暮らしてお金を貰い、生活費も払わず、楽して生きて来たじゃないか、そのお返し?で親の面倒ぐらい見ろよ!年老いた親の戯言位、、聞き流せよ・・・」こんな風に思われ感じていると想像しております。

繰り返しになりますが、私は毒親の話(悪口・文句)を聞き流すことが出来ず、真面に受け取って、ストレスに感じるのです。

親子関係 | 【2017-05-14(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
兄から突然の電話
突然11日21:00頃、兄から電話が・・、
「来週毒母を介護施設に入所させる、その手続、契約書を交わす為に帰える」突然の話に驚いた!
確かに私は毒母を介護施設に入れることに反対派していない、むしろ賛成の立場だ。・・・・が、当の本人=毒母はそのことを知っているのか、納得しているのか? ここに最大の不安を感じる。 

だから兄、姉には私の考えを・・・以下

『毒母が施設に入ることに納得しているか?』ここが一番の問題だと思います。
外の人(兄、姉)に対しては『外面がいいので・・・・』本人が心底納得して入所するならいいのですが、何度となく言っているのですが私には毒母は“かまってチャン”に思えます。
今なら「食べたくない・・」と言って食事を取らない、ご飯を食べない→態と心配するようなことをして、自分(毒母)に注目・関心を集める→“かまってチャン” 若しもそうだとしたら、、うやむやな形で契約を結びその後文句を言ったり問題=ご飯 を食べない、運動しない、健康に悪いことをして施設の人に迷惑をかけ、施設から家族(兄、姉、私)に電話連絡をするように仕向ける。

兄も言っていたのですが・・≪歳をとって子供に帰る≫小さい子供のように、態と悪いことをして泣き喚き、親の関心=愛情を我が身だけに一身に集めたい! 
兄、姉には理解されないとは思うのですが、毒母は何時も文句、悪口を言います。しかし毒母自身は「文句・悪口を言っているつもりは毛頭ない!」だから私の文句を言われる=苦痛に感じていることが判らない、毒母は普通に家族・親子の会話をしている、または『アンタ(子供)の為に、言って上げている、している!』・・・か、「家族なんだから、世間様には言えな いことも話し合うのが理想」とか、 

スーパーで食料品を大量に買い込むのは、認知症=買っていることを忘れる?と言うより、
「アンタ(私)の為に買う」独りで家にいるから食事の心配をして上げている、幾つになっても親が子供の心配、面倒を見るもんだろう、ましてや独身で、尚のこと心配している。 

一見したらとても子供を思う、いい親でしょう!
つまり『自分は正しい、いいことをしている!』この自己中心的な考え=発達障害の典型的な形だと私は思う。

話が横道に逸れました。
繰り返しますが、私が見る限り、毒母が施設に入ることに納得しているようには思えません!兄、姉がチャンと説得して納得させることを希望します。発達障害の人(毒母と兄、姉) 同士の思いのぶつかり合い、お互いに『アンタの為を思って、いいことをしている!』正義のぶつかり合いになることだけは避けた方がいいと思う。
念の為、私は施設に入ることに反対はしていません。出来れば兄か姉と一緒に暮らしたいいと思う、
孫もいるし毒親の思い描く理想的な家族像が其処にはあるからです。

家族関係 | 【2017-05-13(Sat) 06:27:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
姉が来る
姉が来週“こちら”やってくることに・・、火曜日にケァマネジャーと介護認定調査員との面接が行われる。
それと毒母には“了承”は取っていないが、毒母を入れたい老人ホームの見学するらしい、、

私もそれに乗っかり、“手伝って貰いたいこと”を姉に→「梅雨が来る前に部屋の模様替え、特に部屋に敷き詰めている絨毯を巻きたい!」これを第一優先で手伝って貰いたい!とけて姉にメールで伝えた。

毒母も姉が帰ってくることを知って「これ幸い?」本気なのか?「もうすぐ死ぬから、、お金のことをチャンとしたい」と言い出した。子供達(兄、姉、私)が興味があるだろう“相続=お金”で自分(毒母)に注意、感心を集めたのではないかと、私はこれを『かまってちゃん』と表現しているのだが真意は不明。
私の考えでは“お金”は毒母、兄、姉、私、全員が揃っている時に動かさないと、後々面倒なことになりかねないと思う。

それといい機会だから、第三者=ケァマネ、介護認定調査員に、今までの兄・姉へのメールを印刷して読んで貰おうと考えている。それで『兄、姉と毒母のことで白黒つける』こんな思惑が全くないとは言わないが、私の言っていることがどんな風に他人の目から見られているのか?知りたい欲求が抑えきれない。

家族関係 | 【2017-05-11(Thu) 16:18:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
涙もろく・・、
今回の一過性健忘症と関係があるのか、ないのか、不明のまま記録として書いておく。

テレビを見て・・、何故か?直ぐに涙が込み上げてくる、感動の演出シーン・構成をしているのがミエミエなのだが、涙が止まらない! 感情が脆くなったのか、自制が効かなくなった? 訳が判らない・・・

連休も終わり、平常の生活リズムに戻った筈なのに、何かフアフアとした、足が地についていない? 
嘗て「毎日同じことの繰り返しでウンザリ・・・・」と愚痴をこぼしていたのだが、昨日・前週と同じところで同じ人の顔を見ると変に落ち着く、例えば、ATMで現金を引き出したり、○○窓口でお金を支払ったり、スーパーで買い物をして馴染みのレジで会計・・、今までと同じことをしているのだが・・・、

何かチョッと変な感じ? やっぱり体がファフアァと浮いているような・・・・、
外観では全くそう見えない!判らない! 私独りだけが感じている。

記憶喪失 | 【2017-05-08(Mon) 17:36:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
兄からFAX
兄、姉に母親=奥さんの転んだ事故後の経過報告&近況を伝えるメールを兄、姉に同時に送っている。
昨日(5/6)のメールで私が病院で「一過性健忘症ではないか」と診断されたことを書いて伝えたら、兄が驚いて?FAXで色々書いて送ってきた。

正確に言えば・・・・、
兄も典型的な発達障害で、昔から勉強は出来て学校の成績は何時もトップクラス! 
だが・・・、共感性の欠落=他人の気持ちが判らない、兄のメールアドレスにメールを送っているが読んでいるのは兄の嫁さん=私の義理の姉、これがまた結構、性格がきついですよね、
兄の奥さんには弟がいて(私と同じ年齢)その姉・弟の間で話を・・・・、イヤ違うなぁ~、一方的な命令口調なんですよね、その弟さんと過去に話をした時「小さい時から姉に指示され、使われてきた・・・・」と、私にもそれは直ぐに判った。

前説が長くなりました。
兄のアドレスにメールをしても読んでいるのは兄貴の嫁さん、嫁さんから「これは(一過性健忘症)大変だ!」と言うことで、兄に指示してFAXで色々書いて送ってきただろうと・・・、まぁ~そんなことこの際如何でいい!
今、私のしていることは“私の為”に言動・行動の記録。だから、誰が読んでいようとも読んでなくて如何でもいい!

繰り返しになるが、今日は久々に晴れたので、洗濯、風呂、トイレの掃除をした。 
すると以前のように屈んで便器を磨いていると腰が痛くなって・・休み休みでないと・・、腰が痛いのは辛いし情けないのだが、過去に何度も経験したことであり、前と同じだ!
痛みを感じる=痛みを忘れない⇒健忘症ではない証拠だ。

つまり今までの感覚をまた感じている、覚えている! 昨日の行動・言動も何となく覚えている!
これは今回に限り、、いいことだと思うようにしている。

記憶喪失 | 【2017-05-07(Sun) 17:20:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ