プロフィール

パイパン大好き、略称 P π²

Author:パイパン大好き、略称 P π²
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性。現在、毒親との関係に決断出来ずにグズグズ状態です。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
感じない?
心療内科で処方された薬(安定剤?)の効用なのか、今まではイライラしたり腹立つことや不満・鬱憤をブログに書き殴っていたのだが・・・、何故か?“それ”をしなくなった。
これは如何言うことなのか?以前なら気に障る・イラつくことが「如何でもよくなった」

このことを8/7、診察の時に先生に訴えた、今思い起こせば「回答・正解が欲しかった訳ではない、ただ話かった、聞いて貰いたかった」のこように思う、 それが証拠に何かしら言われたのだが、全然覚えていない、

ブログのネタになりそうな出来事はあるのだが、何か書く気になれない、今まで感じていた怒りがブログを書く情熱転換しない?
今まで私が普通だと感じていた状態がそもそも“鬱”であり、今が改善された良くなった? 自分でもよく判らない、、

心療内科 | 【2017-08-23(Wed) 17:26:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
またイライラ
7/10、心療内科の診察で 先生といろいろ話をして少し気持ちが楽になって帰ってきて・・・、
兄嫁から「心配している、、調子はどか?」とのFXAが入り・・・、イライラが再発した。 
現在通院している心療内科を紹介してくれたのは兄嫁、だから私も遠慮していたが、
兄同様に人間、私の気持ちが判らない・想像できない人。

病人=私を心配して電話・FAXで声をかけて様子を聞く⇒『いいことをしている。人として家族として当然のことをしている』 このように心から信じて疑っていない、しかし私にはそれがとても苦痛なのだ! 

ここまで読んで私が何と酷いことを言っていると思われる人もいらっしゃるだろう、
そもそも見舞いは誰の何のためにするのか? 少し前に父親の3回忌が行われた。
私は「葬式は亡くなった人を・・・・」疑問を抱いていた、後に残った人の為に行われていると、、実際に身近で葬式をして・見ていて改めて確信した。 

見舞いも本人が来てくれることを望んでいるならいいのだが、望んでいない口先だけの見舞いはお断りだ。

一様心配で様子を聞きたい?のかもしれないが、、遠くに住んでいて様子を聞いて、、それで如何なる。
私には病気=鬱のことが判らない兄嫁に何と言えばいいのか、頭を悩ます→余計な気を使う→イラつく、

ほっておいて欲しいのだ、病気にを治す手伝いをするのは医師、心配する人の気持ちでは治らない!
兄と兄嫁は同じようなタイプ・考え方の人間、だから夫婦として長年やってこれたのだろう、
同じく姉も私だけ違っているから今のこの状態?私も同じタイプの人間であれば若しかしたら、結婚も?
ふとそんな他愛も無いことが頭をよぎる。

発達障害の人間の典型的な考え方『アンタの為を思って○○してあげている』もうウンザリ!

心療内科 | 【2017-08-20(Sun) 16:30:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
印象に残った本
停滞中に“うつ”に関する、主に体験記を何冊も借りて、その中の一冊。

   うつサバイバー 慢性うつからの回復  内村カエ(著)

心に残った部分を書き残して置くことにする。
 ①自分の行動・動機のチェックする、共依存的な行動ではないのか?
 ②『結果を手放す』

 ---①----
今私は週一回のペースで毒母の施設を訪れている、これは“共依存?”
私の心の何処かに「毒母を騙して入れた・・」正確には兄、姉が施設に騙していれた。
そのことを私は未だに罪悪感を感じて“罪滅ぼしとして”施設に通い果物等を差し入れしているのか?

私の知らない所で兄・姉達は前々から入れる施設を探していて「たまたま空きが出来た!この機会を逃すと何時入れるか判らない、だから無理やりにでも入所させないといけない」
背中を押したのがケアマネの言葉→「一旦入れてしまえば、1~3ヶ月で慣れるもの」

厳格に申せば『私は騙して施設に騙して、無理やり入れた訳ではない!』 
私は「チャンと話し合って、納得はしないだろうが、判って入って貰いたかった!」

入所してから約3ヶ月、口では「帰りたい」とは言うが、これは本心なのか?
私だけに「帰りたい」と言う、これは私と毒母の共依存の証? 7/22に“父の三回忌”がとり行われた。 きっと毒母と兄・姉達との対立≪毒母は「帰りたい」 兄・姉は「このまま施設で安全に安らかに過ごして貰いたい」≫言い争いがあると思って出席しなかった。

後に兄達に話を聞いてみると、私を顔見れば「家に帰りたい!」と言っているのに一言も言わなかった!
家族以外に他人=親戚等がいたので、外面がいい毒母はその場では何事も無いように振る舞った? 
外面のいい毒母なので、入所者同志でそれなりに話を合せて日々暮しているのではないか、

今更、家に帰り食材をスーパーで購入して料理をして食べる、もう無理だ!また「食べたくない・・」と言って食べなかったり態と心配させることをするだろう、同じことを繰り返し聞いてくる(認知症の記憶障害?)ウンザリだ! もう二度とご免だ!
 
口では「帰りたい」とは言っているが、もう施設での生活に慣れて今更家で独りでは何も出来ない、
先のケアマネの言葉は長年の経験からの言葉、全くその通りだった。

  -----②-----
今回のように『騙した? 話し合って納得して・・・』 既に結果(入所して3ヶ月程)が出ている。
それを「あの時○○しておけば良かった」と、悔やんだら過去・結果は変わるのか!変えられない! 
それなら過ぎ去った過去=結果をアレコレ言っても・・、さっさと手放す! 全くもってその通り!

今回のことに限らず、私は過去の出来事を何時までも悔やんでクヨクヨするだけ、 
時間は戻れない!過去は変えられない!
≪今までの事=結果を手放す≫⇔過去は過去と割り切り・踏ん切りをつけ、これから先を如何するのか!

読んだ書籍 | 【2017-08-17(Thu) 06:54:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
記録として・・・、
記録として読んだ本を載せて置くことにする、、

 自分が好きになろう     岡映里(著)

 うつで無職で依存症     横塚紀一(著)
  
 うつ卒業レシピ       杉山奈津子(著)
 
 認知症になった私が伝えたいこと  佐藤雅彦(著)

読んだ書籍 | 【2017-08-12(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
変な感覚
とても変な感覚に陥っています、普段通りの生活を送っているのですが、
見えるもの、聞こえるもの、触れるもの、其々に直に見て!触って!聞こえている!筈が・・・・、
何やら目に見えない“モノ”が其々の感覚の間にあり「遠くに見え、分厚いて手袋をして触れ、遠くから聞こえている」こんな感覚なのです。

今もし・・、人に私の肩に手を掛けられたとしても、真夏なのにまるで防寒着を着用していてその肩に触れられるような、きっと気づかないのではないか、
こんな時は「なるようにしかならない、、慌ててもどうしようもない!」と、
まぁ~ ボチボチとやって行こうと思っております。

誠に申し訳ないのですが、こんな状態でして今しばらく停滞します、申し訳ありません<m(__)m>

未分類 | 【2017-08-08(Tue) 17:54:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
続、続、停滞情報
更新停滞中、鬱、認知症関連の本を、、主に体験談を読んでおります。
それらの本のことも機会があれば書こうかとも・・、しかし今何かダメ・・、
こんな状態ですので今しばらく停滞します、 何時もならが、申し訳ありません<m(__)m>

ブログ経過報告他 | 【2017-07-25(Tue) 06:42:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
続、停滞情報
私をイラつかせる人間は兄、姉だったのですが、それに兄嫁が加わった。
私の中で兄嫁=“他人だと”遠慮があり、ハッキリと言えなくてそこに付け込まれた形で私をイラつかせる。
今イライラの真っ最中で心を落ち着かせで書くことが出来ません、、
こんな状態ですので今しばらく停滞いたします、大変申し訳ありません。

ブログ経過報告他 | 【2017-07-16(Sun) 07:16:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ