プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
男児との会話
8/24、とても楽しいことがあった。
木曜日にはスイミングに通っていて、この時期なので“夏休み短期子供スイミング教室”が行われ、
修了後に私達大人の使う時間帯に変わる、スイミングの生徒=児童さんは親御さんと一緒に大きなホールで着替えをしているのだが、私達が使う更衣室で幼稚園らしき男児が二人着替えていて、その内の一人が私に「爺たん?」と話しかけてきた、
最初私に話しかけていることが判らなくて返事が出来なかった・・、ホント!申し訳ないことをした。

 男児:「爺たん?」
 私 :「爺たんではない、おんちゃんだ!」
 男児:「これから〇〇ちゃん(妹?)を幼稚園に迎えに行くや・・・」 
 私 :「ボク(男児)は幼稚園じゃないのか?」 
 男児:「年長や! 泳ぎに来てるんや!」
 私 :「泳げるようになったのか?」
 男児:「泳げるようになった!」 
 私 :「凄いなぁ~、やるやないか!」
 男児:「今から迎えに行かんといかん!」

 男児:「○○を知っているか? 見たことはあるか?」
 私 :「○○を実際に見たことはない、知らない!」
 男児:「オレは知っている!見たことがある!」
 私 :「何処で見たや?」
 男児:「You Tubeや!」
 私 :「もう、You Tubeなんか見とるか!」
 男児:「当たり前や!」

その他にも色々話をしたのだが、話の整合性等はこの際如何でもよかった。
勢いよく大きな声で話してくる男児に対して、理解出来ず意味も分からないことも多々あったが、私も“勢い”だけで同じく大きな声で受け答えした。
幼児の目から見れば“爺たん”これが現実なんだと少し気落ちしたが、知らない爺たん(私)と話をしてくれてとても嬉しかった。 

それにスイミングに来ている男児の多くは“キッズ水着”上下お揃い(短パンと半袖タイプ)の水着を着用して、着替える時に頭らスッポリ被る(着替えタオルと言うのかな)体を見せないようにしていることが多い、

それに対して、私と話をしてくれた男児は真っ裸で堂々とバスタオルで体を拭いて着替えていたことにも、我が子供時代と同じなんだと、懐かしさ・哀愁を勝手に感じてしまった。

プライベート | 【2017-09-01(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
意外なお誘い
○年前から週1~2回ボランティアで○○の清掃活動を朝の僅かな時間している。
某日(水)意外なお誘いを受けた・・・「非常勤で週○日ほど一日7時間程働かないか?」 
初老を迎えた私に仕事を世話してくれるって、とてもありがたい! (((o(*゚▽゚*)o)))
心底嬉しかった! 感謝に耐えない!ヽ(≧∀≦)ノ
「やりたいが、色々と相談しないといけないので少し時間を頂けないか?」と即答は避けた。

『仕事=お金が貰える』こんなに嬉しいことは無い、しかし腰のことを考えると一日7時間の労働をやっていく自信がない、
それに毒母のことも・・・、現在ケァマネさんの月単位での介護計画に基づいて週2回:ディサービス、ショートステイ3泊4日。 これがこの先も続いて受けれる保証はない!
お話を頂いたその日の晩から「多分働けないだろう・・」と断りの建前をアレコレ考えていた・・。

そして翌々日(金)の朝「お話を頂いて大変うれしかったのですが、母親の受けている介護サービスがこの先ずっと受けれるか不確定ですし、仕事なると一日中働くことが当たり前なので、(毒母)の都合で休むことはしたくなので・・・、お断りさして下さい」長々と建前を述べ、断った。

断ったが、、、誘ってくれたことは本当に嬉しかった! こんな私をチャンと見てくれていた!
これからも、続けて行こうと心に決めた。

プライベート | 【2017-04-21(Fri) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
奇妙な体験
奇妙な体験をした。
朝起きてから出かけるまでに“すること”例えば洗濯、掃除、ゴミ出しとか・・、自分の中で、今日やることのスケジュールを頭の中で立てて、直ぐにそれらの準備に取りかかっていた・・・が、

今朝起きて『おかしい・・変だ!』 
先ず「今日が何日、何曜日だったのたか」思い出せない、忘れてしまっている。

今まで一週間を曜日別に大まかな予定を組んで優先順を付けて、例えるなら「〇曜日は病院・リハビリ、〇曜日はスイミング、〇曜日はダンス教室」 
大体決まった流れ、習慣となっていたことすら忘れてしまっている! そして昨日まで何をしていたかも思い出せない、 数日前にレンタルしたDVD見ている筈なのに、どんな話だったか全く思い出せない、何十年も住んでいる家・部屋なのに何か変な感じなのだ。

プライベート | 【2017-04-06(Thu) 10:05:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
紹介状
月イチ、○○総合病院の三つの科(耳鼻咽喉科、脳神経外科、皮膚科)に診察予約を取って通っています。 
脳外科の先生から突然「紹介状を書くから“かかりつけ医”に行ってくれ!」と、 
まず疑問に思ったのは、私の“かかりつけ医”って何? 誰? 全く意識していなかった。 
そもそも何故? 私が〇〇総合病院以外の診療所に通っていることを知ったのか!!

脳外科の先生の診察は高齢?だから、紙のカルテに書きこまない。 
傍らに助手?らしき人がパソコンのキーボードを私と先生の会話を聞きながら打ち込んでいる。 
若しかしたら〇〇ネットワーク(?)、 私が受診している他の病院等が即座に表示されるのか?

私が今の病院:脳神経外科へ最初にかかったのは十数年前。
猛烈な頭痛、頭が割れんばかりの痛みと、ギザギザ閃光が走るのが見え、何度も吐き、吐くモノが無くなっても吐き気が止まらず、、、「救急車を呼んでくれ!」と頼んのだが、結局の自家用車で担ぎ込まれた。 
脳のMRIを撮り、数日間入院・安静にして・・、片頭痛または緊張型頭痛らしいと言うことになった。 
それ以来痛みに対して鎮痛消炎剤(ロキソニンに代表されるもの)を処方され、寝る前に飲むようになった、、頭が痛くて眠れないことがあったから・・・、頭痛もそうだが、肩、腰の痛みがある時に鎮痛消炎剤は大変重宝している。

ふと思った、、私の中に大病院信仰なるモノがあって、「見捨てられた」と感じているかも・・・、
万が一の時にチャンと検査=MRI等で画像診察して貰いたいと思う!!
一旦通院が切れると新患になり予約が取れず半日待たされる羽目になり、更に新たに問診票に他医療機関の受診歴、服用薬、アレルギー等々を書かないといけない、通院・受診していればカルテで一発解決!

・・・・・と数々、それらしいことを上げているが、、言い訳だ!
将来の孤独、独居老人予備軍としてはやっぱり 『寂しい、悲しい』 これなのだ!

プライベート | 【2017-01-30(Mon) 08:18:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
何か、変な感じ
前にも同じことがあったような・・・、
イライラが終了?してから、体が何やら得体のしれない透明な“モノ”に体全体が覆われた。
外は見えるのだが、“音”が聞こえにくい、すぐ傍で話している人々の声やらテレビの音が、まるで遠方で話しているかのような感じで、微かに聞こえる。。。

外のモノに触れることは出来るのだが、物凄い分厚い手袋をして触っているような感覚。
何かおかしい、、変だ、、、一体如何してしまったのか?

プライベート | 【2016-12-02(Fri) 16:28:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
エッチな妄想が無くなった?
毒親へ対しての鬱憤を書くようになって、すっかりエッチ系の妄想が出来なくなった!
今までなら、街中で若い綺麗な女性を目で追い、妄想を巡らせ・・→ ≪AVで具現化?代用→オナして→溜まったモノを出してスッキリ!≫ この流れが全く無いって・・・w( ̄o ̄)w 

まさか女性に関心が無くなった! エッチをしたい願望が無くなった? そんな馬鹿なb(’0’)d
定年が身近に感じられる世代だから?
ほんの少し前までは、、
“無性にエッチをしたくなる波”が来て・・、代用にAVを選んで見て! オナして出す!
俺って、、如何してしまったのだろうか、、このまま、、(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー 終わるのか!

プライベート | 【2016-11-25(Fri) 12:49:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
姪っ子、結婚
6/30、姉から毒親に手紙が届いた、、そこには姉の子供(=私とっての姪っ子)が結婚したとの報告だった。
既に3月2*日に結婚式を挙げて、旦那さんの勤務地に転居して新しく仕事もはじめている・・・、結婚式の写真が同封されていた。
予想はしていたが・・、その時がついにやってきた! ショック!!  世の中の時間は動いている!! 
同級生の中には子供が結婚する話もチラホラ聞くし、孫がいても不思議ではない、私はお爺ちゃんなのだ。

毒親が姉に電話して、アレコレ聞いていたが、、毒親に知らせずに結婚式を挙げたのは正解だ!
兄の子供が結婚する前に兄が毒親に知らせて、電話で相手の男性についてアレコレと難癖をつけていた、、
流石にその時は兄嫁が毅然と跳ね除けた、 しかし兄にはその苦労が全く理解できない、

毒親の娘である姉にはそこら辺が判っていたので、今まで知らせずにいたことは容易に想像できる。

私だけ置いてけぼりにされた? こんな僻みがあるのは確かだ! 
しかし甥っ子、姪っ子には人並み?好きな人と結婚して幸せな家庭を築いて貰いたい! 幸せになって貰いたい!
その為に私に出来ることは、、存在を消し去り若い世代に迷惑をかけない! これに尽きる!

プライベート | 【2016-07-02(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。