プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
現実逃避
嫌なこと、苛立つことが続けて起こり、私はその嫌で見たくないモノを避けるかのように現実逃避をして、某出会い系サイトに入り浸っています。
今までの経験から“条件”が重要な出会い系サイトでは相手にされないことは判っているのですが、やっぱり「若しかしたら・・」という思いからその泥濘に嵌ってしまっているのです。

当然の如く、こちらからメールをしても返信も無く、同じ地域で年齢の近い相手も数人しか存在しないので“するべきこと”は直ぐに終了してしまいました。

しかしそこには“つぶやき・日記”みたいなものがあって、それを読むのが楽しくなっているのです。
そこではブログのようなコメント投稿は出来ないのがとても残念なのですが、私にとって共感・賛同した時に〇〇を送ることが出来る。
そして 私も何か書いた時に〇〇を貰えると、、何か嬉しい気持ちになってしまうです。

しかしこれらは私にとっては好意をもっていることの表明では無くて、また私が〇〇を貰ったからと言って私に好意を抱いている??そんな勘違いもすることなく、何か仲間・同志意識のような感じてしまうのです。

これは私の心の寂しさを紛らわす、麻薬みたいなモノかもしれません。
このようなことをしていても現実には私の心の空洞を埋めることはない、これは幻想だ、、しかし今はその魔力から逃れることが出来ないのです。

出会い系体験談 | 【2013-05-16(Thu) 07:58:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
親目線
以前登録していた出会系サイト、脱退もせずに放置状態であった某出会い系サイトがリニューアルされ、それで目新しさもあって再びそこを訪れるようになった。
そこで本来私はメール送るなりして果敢にアックしなければならないが、そこに集まる若い世代の人達を見ていると私は世代的に親世代に近いので、何と!親目線で見てしまうようになってしまった。

そこで頑張っている人はいいのだが、男女問わず勘違いしている人、何度も同じようなことを繰り返し続けている人、このままいったら確実に私と同じ道をたどるだろう人・・・、こんな人を見かけると自分のことは棚に上げて上から目線で怒りが沸々と湧きあがっている。
しかし幸いなことにその人達に私が直接何かを言う手段は無いので、説教じみたことを言わずに済んでいる。

そこはそれとして、私はその婚活、出会い系サイト市場にに参戦する気持ちが萎えていることは問題だ。
それはそこで他の人達を競い合う為に私の持っている武器=年齢、収入等は貧弱であること極まりないからだ、
そんなことをものともせずに、、突っ走ってしまう無謀な気持ち、これを若さと言うべきなのかもしれないが、それが無いのです。

「このまま何もせずに朽ち果てて島ていいのか!!」 
こう言った思い、怒りを煮えたぎらせて己を鼓舞するしない!! 自分の心に火つけるのは自分しかない!!

出会い系体験談 | 【2013-04-22(Mon) 08:00:38】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
職業:〇〇手伝い
以前登録してそのまま放置状態の婚活系出会いサイトがある。 そこから時々女性からのお誘いのメールが届く、これまで全て外国人=中国人であり、私にとっては親子程年齢が離れた女性からのお誘いだ、
この手のメールは今までの経験上“怪しい”ので全て断っている。

そう言った中で日本国籍の女性からお誘いがあった、年齢的には熟女世代で職業:家事手伝い。
その方の男性に対する条件「年齢、収入・・」が私には当て嵌まらない、それなのに何故私に??? 

公開されている女性の詳細を見ていると彼女の条件を私は満たすことが不可能であり、これまた怪しく思えてきた。

怪しい話はここまでとして、、婚活サイトに登録している女性の“職業:家事手伝い”について、
これって、職業・職種じゃないですよね、その人の状況・状態ですよね、
これを言葉通りに理解すれば「実家で親と暮らして家事を手伝い働いて現金収入を得て無く、親に養って貰っている」これって“無職・ニート”なのでは、

その女性がもし結婚したらなら職業:家事手伝い⇒専業主婦、 
尚ここで専業主婦とは「もっぱら家にいて家事に専念している人。つまり子育てや日々の食事の準備、後片付け、掃除、洗濯をしている女性」としておきます。

断っておきますが、私は婚活サイトで活動している女性が男性の収入で暮らして行く=専業主婦を希望!!
これを否定する気は更々ない、本人がそれを望み、お相手の男性がそれを受け入れたのであれは何ら問題はないと考える。 そして、その前提条件として男性側がそれなりの収入があることは言うまでもない。

私がもしもその立場だとして、つまり社会的地位と収入があれば金の力と男の身勝手さで、最初に目が行くのは同世代の熟女より若い綺麗な女性だ。

若し、若くて綺麗で好みのタイプで好きになったとしても「家の掃除・食事も一切出来ない、つまり家事が出来ない、しない人」こんな女性と一緒に暮らして行けるか??

卑しい考え方かもしれないが、ドンナに好きな人であったとしても、私の心の何処かで『金を稼ぐから、その代償として一切の家事を引き受けて貰う』この“交換条件”が成立しないことが引っかかる。

ここから話はガラッと変わって、
この家事手伝いを男性の職業として言い換えるなら「何と言えばいいのだろうか? やっぱり無職?」
男性の職業:無職。 これで婚活出会い系サイトで相手を見つけようとすればきっと女性陣からは総スッカンだろう!! けれど女性は家事手伝い=無職で受け入れられ、 男性が無職だと駄目なのは何故??

それでもって『専業主夫』 これも最近は世間的に徐々に認められているような気もするのですが、
これを目指す無職の男性は婚活出会い系サイトでは受け入れられる? 選んでくれる女性はいるのだろうか? 

そこでもやはり“条件”が重要なウエイトを占めるだろう、もし同じような家事能力があったとして中年の男性と若くてイケメンの男性がいたとして、どちらを選ぶと言えば・・、最初に目が行くのは“若い男性”だと思うのだが、、

男女共に言えることだが、これらの出会い系サイトでは先にプロフィールが公開されて、それである程度その人物像を作り上げてしまいその人を判断をしてしまいがちだ。 
実際は会って付き合ってみないことには判らないことがたくさんあると思うが、魅力的な条件を持ち合わせていないと女性の目に留まらない! それで実際に会うところまで行きつかないのが現実。

話が支離滅裂になってきた、、
最初は女性の職業:家事手伝い=無職で堂々と登録できることに対しての怒りから始まった筈なのに、専業主夫の話が出てきたところから脱線して変な展開に、、要するに私が出会い系で相手にされない怒り・不満を違う話で正当化しているだけ??  結局私の言いたいことは何だったのだろう、、

出会い系体験談 | 【2012-12-28(Fri) 16:53:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
男女間の友情
某***サイトのアンケートに「男女の間に友情は成り立つ?」と言うのがあり、そこでは女性の約75%と男性の約60%が成立すると回答。
私はこの結果に驚き!! 私は成立しないと思っていたからだ、、この私の考え方が古い?? 
このアンケートの前段階における“友人の定義”が曖昧なので、これを持って現在はこのようになっていると判断するのは早計なのかも、

私の中で『友人』とは、思い浮かぶのはほんの数人だ。故にそんなに簡単に“作れる・なれる”ものではないと思う。
顔や名前を知っていてもそれは単なる知っている人であって、それは何時も食事をするところのおばさんや、通院している病院の受付の女性や看護婦さんを知っていると同じレベルだ。
そんな人達と個人的な話は決してしない、、私の中で友人とは個人的な話が出来る心を許した相手だ。

これで私に“女性の友人”がいると仮定して考えると・・、
その女性の友人が他の男性と付き合ってる、更にSEXをしていても全然気にならない? その相手の男性に対して嫉妬しない?

私が若しも気にならないとしたら、それは恋愛感情を抱かない女性=年齢が相当離れているか全然好みのタイプでない、または嫌いなタイプの女性なら全く気にならない、
けれど そもそもそんなタイプの人間と私は友人関係を築こうとするだろうか、私には『女性の友人』ということが想像できない。

同性の友人に話を戻して、、
もしも友人が若い綺麗な女性と付き合っていると知った時に素直に喜べるだろうか、私の好きなタイプの女性なら「何でアイツが!! 負けたくない!!」と競争心が芽生えることだろう、そうすると一時的であっても友人関係は崩れて競争相手と捉えてしまう・・、私は必ず嫉妬する!!

私にはやはり異性の間で友人関係に疑問を抱く、若しも当人同士の間で成立していたとしても周りの人間がそれを認めるとは思えない。

出会い系体験談 | 【2012-11-05(Mon) 17:36:55】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
外国人
登録削除せずに放置状態の某出会い系サイトがあるのですが、、
そこに外国人の女性から申し込が!! 特定の国の女性からの“この手の申込み”は今更驚きもしないが、
本気にするうぶな日本の男性がいるのだろう、、だからこうして申込みがある訳だ。

弱肉強食と言うのか『カモにされ騙される人間が馬鹿だ』と言わんばかりの風潮に思えて悔しいやら、腹立たしいやら、、最後に虚しくなる。

虚しいと言えば・・、
高齢のご夫婦が二人で営む某店では万引、つり銭詐欺、〇札を掴まされる・・、真面目に働いていも報われない。
その一方で「人権・権利」等を声高らかに叫び特定の外国人が〇保の恩恵を受けて、更にそこの人を支援する公的な〇〇団体の存在、虚しい思いだけが込み上げてくる。

出会い系体験談 | 【2012-10-24(Wed) 17:32:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
老兵は死なず、ただ消え去るのみ
前に放置状態の某出会い系サイトのことを書いたのですが、
そこでまたまたやってしまった、、それは書いている“つぶやき**(仮称)”で書いたことが削除。

出会い系サイトと言う“ビジネス”の場においては利潤追求は至上命令、よってそれに害することは徹底的に排除。
つまり『自分の思った・感じたことをそのまま書いてはいけない』これをすっかり忘れていた。

今回書いた内容を要約すると、、そこでは登録するのに本人確認が必要である記載されていた。
私も名前、年齢の記された公的証明書のコピーを送付したのだが、、その中で某女性会員は何ら証明書が提出されていない・・、
それでいて色々と書いていたので、私は何となく書いていることが世間的にいいことであっても、何か素直に聞くことが出来ない旨を書いたら、即削除。

伏字で書けばよかったのだが、そうすると何を書いているのか読んでいる人には理解されないと思い、ある程度そこに記載されていることを書いた、、これで個人が特定される=個人への誹謗中傷ととられたと想像する。

このサイトも放置状態が長く続いたので・・、『老兵は死なず、ただ消え去るのみ』

出会い系体験談 | 【2012-09-29(Sat) 17:46:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
放置状態
以前登録していた某出会い系サイト、有料会員期間は既に過ぎてしまい何も出来なくて放置状態となっているが、
そこでつぶやきみたいなことを書くことと読むことだけが出来るので、今は時々つぶやき日記?を読んだり、書いたりしている。

そこでは圧倒的に女性の更新が多くて大半は読み手を意識して書いているので、ツッコミを入れたくなるのだが、コメント投稿機能も無く、しかし婚活サイトでは珍しく本音を書いている日記を見つけると嬉しくなる。

私にとって意外だったのは、男女を問わず年齢がある程度高くなると相手に求める条件のレベルを下げるモノだと思っていたが、20~30歳前半の女性が意外と“年齢、収入等”設定条件の窓口が広いのに驚いた。
 
  若しかして、出会い系サイトで嫌な思いをしていない? 
  年齢を重ね経験を積むと世の中のことが判ってきて「年齢、収入・・」等の条件が厳しくなってくる?
  それで年齢が高くなってくるとより条件が狭まってくる??

30歳後半~40歳後半の女性でモデルさんみたいな容姿を保っているなら、ご希望のような年下の男性とか高収入の男性からの申込みがあるかも??
これは中年男性が若い女性と歳の差婚を望むことと似てはしないだろうか? その男性は高収入で、容姿も若々しくて若く見えれば・・、

私はウケを狙って、いいことを書いているより、本音を書いている方がヤッパリ好きで好感が持てる。

出会い系体験談 | 【2012-09-25(Tue) 16:37:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。