プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
母親と娘
身近な例で恐縮なのだが「母親と娘(=私にとっては姉)は似る」私がそう思うのは・・、“していること”が似ているからだ。

姉には息子(私にとっては甥っ子)がいる、ここ最近の動向「何処に勤めて、どこに住んでいる・・」を全く言わない、ここから姉夫婦の親子関係が上手く行っていないらしいとは容易に想像出来た。

これは今に始まったことではなくて十数年前「大学に通って、卒業して就職して・・」全然言わなかった。
私含め両親も何も知らずに今日に至る、何時も姉に聞いてもハッキリと言わない・・、

その時から年賀状を姉夫婦の住んでいる住所に書いても、甥っ子の妹=私にとっての姪っ子は届くのだが、甥っ子の名前を書いた年賀状だけ「そこに住んでいないと返送されてきた」 誕生日にカードを送っても同じく姪っ子の分は届くのだか、甥っ子だけは送り返されてきた、、これは何を意味するのだろうか、

また 別の場所に住んでいる兄にも姉は自分の子供のことは何も言わない、しかし兄の子供(私にとっての姪っ子)の動向は聞くらしい、つまり自分のことは言わずに、人のことは聞きたがる。

兄、姉とは言え既にそれぞれ家庭を持って私とは遠くは去れた別の場所住んでいるので、私は別の家族のことについてアレコレ言うつもりは毛頭ない。
しかし 姉は私が母親から受けた・感じた、同じことを甥っ子にしているのではないかと私は疑う、、

それは姉は母と同様にお喋りが大好きの八方美人!!! 外面がとてもいい!!!  
一方でアレコレと私を含め他人のことについて口出しするが、自分たちのことは一切言わない!!!

昔私に「アンタの為を思って言ってあげている」とまさに母が私に言っていたフレーズが出てきた時に驚いた!!
その善人ぶった言い方、まさに母親そっくりだった!! 今でも鮮明に覚えている。

世間受けのいい例が、母親への母の日には必ず花を届ける。 これだけ聞けば周囲の人は「何って!親孝行な娘」となるだろう、 これとまさに生き写しのようなことをしているし、見られている母親。
『世間的はとても良くできた人』しかしその人間性を見抜いたのは人が言ったこと「貴方のお母さんは人を煽てて梯子を上らせてその梯子を外す」言い得て妙を得ている。

母親と娘=姉は「ミュンヒハウゼン症候群」とまでは言わないけれど、世間的に「いいことをしている」と思い込んでいる? 当の本人には全くそのことを意識していない、
もっと言えば「私はこんなに貴方のことを思ってしているのに、何故判ってくれない」この意識が強い、
けれど大きな間違いは『自分の基準・価値観=相手のそれとは一致しない』これがすっぽり抜け落ちて、更に自分が正しいこと=世の中の正しいことであると思い込んでいる。

甥っ子の話に戻すと、子供の頃からそれら見て触れて育ったのではないだろうか、つまり私と同じようなこと体験してきた。 もしそうだとしたら、私には甥っ子の気持ちが痛い程判る。
私が願うことはただ一つ『兎も角も元気で生きていてくれ!』これだけだ。

マザコン | 【2012-11-14(Wed) 07:18:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
過去は繰り返す
イライラすることの一つに両親の夫婦喧嘩がある。『夫婦喧嘩は犬も食わず』と言うような態度で接すればいいのだが、毎度毎度流れ弾に当たって負傷している。

父親の体・腰の調子が悪いので母親に大声で体の不調とは関係なく不平不満を・・、これは『甘え』の裏返しの行為だと思う。 そして母親は私に父親の日頃の行状の悪さ・悪態を私につく、これは前に書いた。
                                      参照記事:「○○は犬も食わぬ」「痴話ケンカ

今更「止めてくれ!」と言っても無駄であると判っている、、だから表面上受け流すことにしているが、
それなりのダメージを心の何処か受けてそれが蓄積され溜まりに溜まって爆発!? または心を蝕むだろうことは覚悟しておかないといけない、

自分では「こんな風になりたくない」と思っていても“そうなってしまうのではないか!”と恐怖を感じる。
それは心理学的に言われていることで、≪虐待を受けて育ってきた子供が成長して親になり「やってはいけない」と思いつつも我が子に手を上げてしまうケース≫これに私もなるのではないかと・・、

そもそもマザコンである私は誰かに甘えたい気持ちがある、それが今の父親のように甘えの裏返しで『怒ったり、文句を言う』こうなってしまうような気がしてならない、

これらのことを理解して全面的に受け入れてくれる相手ならいいのだが、そんな都合のいい「棚からぼた餅」的なことは有り得ない。 
「嫌なモノを見ているのは嫌だ!!」と言う苛立ちと、その嫌なモノに自分もなるかもしれない不安感、焦り、苛立ちこのようなモノが複雑に入り乱れて今自分がコントロールできない状態に陥っている。

マザコン | 【2012-09-21(Fri) 04:12:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
歳をとっても・・、、
に少し触れたが父親の体調が・・、正確に言うと少し体調を崩しているが大したことは無い、 しかし奥さんにつまり私の母親に甘えている。 傍から見ていて見るに堪えない光景だ。 
人間歳をとると子供になると聞いたことがあるが、まさにその通り、 私の方も体調が芳しく無いのだが、自らそのことを公言するのは私としては潔くないと考え、自分で病院へ行くなりして何とかしようとする。

本当に病気になって苦しんでいるのならいいのだか、病気にかこつけて甘えている姿は見るに耐えられない、
アカの他人ならまだしも身内の人間なら、尚のこと許せない気持ちが強くなる。
これはマザコンである私が、母親の気持ち・関心を一身に集めている父親への嫉妬の裏返しかもしれない、
 
私の好きになる人は、私を決して好きになって貰えない運命、宿命なのかも・・、 
私のことを決して振り返って貰えない人、私は何時も「私の方を見て!!」と叫び続けて無駄な努力をして、疲れ果ててしまっている。 
他人に対して「私を見てくれ!」という思いを抱かなければきっと楽な生きたかが出来る筈、、これは私の執着であり、これまた歳を重ねても変わらない私のマザコン性格のなせる所以なのかも・・、

マザコン | 【2011-10-27(Thu) 07:14:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
痴話ケンカ
ここ数日のイライラの一つに『痴話ケンカ』がある。 アカの他人なら未だしも、私の両親の痴話ケンカでその中の母親の愚痴に苛立つのです。
母親から発せられる言葉のすべてが父親に対する不満・愚痴、しかしながら話の内容は私も日々感じていることであり私にとって母親の主張は正しく思えるから、尚更厄介なのです。
過去に関わって痛い目にあったので無視している、そうしていると不満の捌け口が私へ・・、

先人の『夫婦喧嘩は犬も食わず』に習い関わらない、つまり「口を挟まない」発する言葉を“単なる音”だと捉えて聞き流すこと以外私にはこれらの対処法が判らない、、

マザコンである私は好きな母親のお喋り=嫌な、不快なモノであり、聞かされる私は常に不快に感じてしまい、これから『女性のお喋り』に対して、身構えてしまうしともすれば嫌悪感が先に立ってしまいがちだ。

話は脱線するが、私が好きになる人は何時も同じ傾向にある。 つまり私が好きになっても絶対に私の方を向いてくれない人を好きになり、悶々としていることの繰り返しだ、
莫妄想をしない為にも、リアルに見ないことで莫妄想をなくそうとしているが、時として偶然に会ってしまう。

莫妄想については、、莫妄想 莫妄想、再び

トアル時こちらから挨拶をしても無視をされドーンと落ち込む、けれどこれは相手にすれば見ず知らずの人から挨拶され、それに対して警戒することは至極当たり前、

私の好きになる人の傾向って、若しかしてマザコンに起因?? 今もって無意識のうちに母親のような人を好きになっている?? 求めている?? だから何時も好きになる人は絶対に私の方を向いてくれない人ばかり自ら選んでいるのかもしれない、、

マザコン | 【2011-05-02(Mon) 07:10:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ムラムラと・・、
世間的には大変なこの時期に不謹慎にも私はここ数日ずっとムラムラとしていてエッチな気分、街で綺麗な好みの女性を常に目で追いかけている。
その処理の為にオナをしている状態だ、 こんな時に限って、○の病の原因となった人を見かけて、再び莫妄想が始ってしまった。

また 何時もの如く母が父親の悪口を言っていて、それは私も常日頃感じていたことなので思わず同調してしまい言葉を重ねた。
そこにはマザコンである私の好きな母親を守りたい気持ち?? けれどそれが完全に裏目、「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」の轍を忘れていた。
 
何度となく言っていたことだか『本当に嫌いな人の悪口は言わない』 喧嘩をすることはそれだけ相手のことを気にしている、考えていることの裏返し、

ここで思ったのですが、
私が誰かを好きになった時には既に付き合っている人がいるとか、“どんなに私が好きになっても決して私の方を向いてくれない” これの繰り返しだ。
人の好みと言うのか、私の好きになる人は好きになっても相手は私のことを決して好きにはならない人ばかり好きなっているような気がする。
無意識にそういう人ばかりを選んでしまっているのかも?? これは私がマザコンだから??

私は中年になった今でも、マザコンの自縛から逃れることが出来ずに、、いつも同じことを繰り返して『好きになる相手は決して私の方を向いてくれない』これが私の運命なのかもしれないと・・・、
だから 私は好きな人に私を好きになって貰おうと思ってはいけない、、 私が相手のことを好きでいることだけ満足しないといけないのかもしれない、

マザコン | 【2011-04-03(Sun) 16:16:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
依存と執着
私の『好き』の感覚について掘り下げみよう思う。 ・・・・以前の記事に続いて書いています。

先ず、某サイトでM女さんご自身が自ら分類・分析をされている記事の『依存体質』の話に興味を惹かれた。
私は時々むしょうに寂しくなり「誰でもいいから縋りつきたい!」こう言った衝動に駆られる。 これって・・、“縋りつきたい=甘えたい”これから「甘えたい⇒依存体質」ではないかと・・、

私はマザコンだ。 そしてマザコンとは母親のことが好き。・・・・≪詳しくはこちら、≫
文献によると≪マザコンは母親に対して子供が強い愛着・執着を持つ状態を指す≫と言われている。
私の“縋りつきたい思い”は愛着・執着ではないのか、これって“母親に依存している”となるのではないか、

私は小さい時から「母親に愛されていない? 大事にされていない? 必要とされていない? 見てくれていない」とずっと叫んでいたような気がする。
そして 更に甘えたて、甘えて、しかし結局最後までそれを実感することなく過ごしてきた。
だからいまだに好きな人を求め、探しているかのように言っているが、実際は満たされなかった思いの代用を望んでいる? つまり私の『好き』は依存から執着となっていないのだろかと思うのです。

私は過去の恋愛ではダメだと判っていてもどうしても諦めきれない・・・、 ≪参照記事はこちら、≫
故に 私の好きな気持ちの本当の姿はその人に対しての執着ではないのだろうか??

今後私が誰かを好きになった時に改めて自分の心に問いかけないといけないこと、 それは私が好きになった人が、私でない他の誰かを見つめていたら・・、その時私の心は平常心でいられるのか? 心が乱れるとしたら執着しているのではないかと疑うべきだ。

私が心しておかないといけないは 『その人が好きなのか? その人に執着しているのか?』 これを何度となく自らに問いかけることだと思う。

マザコン | 【2011-01-29(Sat) 16:07:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
私のマザコン
私のマザコンについて、前記事へコメント頂き、、改めて考えてみたのですが、

私にとって、今もって引っかかっているのは記事の最後の部分、
>・・・何故か(私は)モヤモヤとした変な感じ(裏切られた?)を抱いている。。

この自分でも“どうしようもないモヤモヤした気持ち”が今とっても嫌なのです!
この私の感情・心の動揺(?)母親に対しての感情が受け入れられずに、自分の思い通りにならないもどかしさ、好きな気持ちが強すぎるが故に湧き上がった反対の感情??

これに類似した経験(?)を中・高校時代にしていたような・・、
想いをよせる人がいた、そんな時彼女は野球部のエースと付き合うようになった。 それは傍から見てもお似合いであり、誰しも認める“ナイスカップル!”(私が)如何あがいても敵う状況では無かった。

その現実を目の当たりにしても(私は)如何しても・・、そこで何らかの(告白するとか)行動を起こしていれば、今思うと違う人生を送れたかもしれないと・・、悔やむことしきり、

しかし何ら行動をするでもなく只管心の中で思い続けて、学校で二人が楽しく話している様子を見た時などには、嫉妬?「私がこんなに好きな気持ちを抱いていても、、相手は応えてくれない、、」 私のやり場のない気持ち(今で言うストーカー的な)執着心を持て余し、長い時間を無駄に悶々としていた・・、

この時も、好きな気持ち(執着心?)と其れは敵わないと(頭で)判っていても、(如何しても諦めきれない)自分自身への苛立ちがあったように思う。
そして今もって「何時か・・、若しかして・・、」と“何ら根拠のない望みを抱き続ける癖”が直っていない、『いい加減、夢から醒めろ!』と思うのだが・・、

今回も同じ状態のような気がする、
私は(私の)好きな女性が別の男性と仲良くしている(ラブラブ状態)見て、苛立って、毒づいているに過ぎない、、
私の目から見てドンナに変な(例えば派手な口喧嘩や、争い・・)ことをしていても、二人の間ではそれは成立している。。
「そんな他人様のことなど、自分にとっては関係がない!!」と、見なければいいだけなのに、それをついつい気になって見てしまう、、 だからまた気になる、、この悪循環の繰り返しのような気がする。

今の私はコメントレスに書きましたが、「マザコンであっていいじゃないか」と思っています。 それは先ずは「私はマザコンだ!」と受け入れないと、私の存在価値(?)が無くなる気がする、、
しかし これまで書いてきたように(私は)自分に苛立っている(=事実)つまり・・、私はマザコンを受け入れて・認めていない、

今回も何を言いたくて、何を書こうとしているのか、、判らない、今言えることは“心のモヤモヤ”が嫌なことである。

マザコン | 【2010-02-05(Fri) 08:00:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。