プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
鳴き声が・・・・、
雛がいなくなった巣へキジ鳩の親鳥が戻って来て「グゥ~♪ グゥ~♪」と鳴いている、近くの小枝で鳴いている、、
鳴き声の大きさ・太さからして、雄のキジ鳩ではないかと思われる、生きていたとしたらとても嬉しい!!

今までなら、餌を地面に撒くと直ぐに飛んできて食べていたのに、全然下りてこない・・、
暫くして 近くの電線にとまってまた「グゥ~♪ グゥ~♪」と鳴いている、、それはまるで既に巣立った雛鳥を探して呼んでいるかのような、私にはそんな風に感じてならない・・、

キジ鳩 | 【2010-06-20(Sun) 15:08:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
キジ鳩の近況
キジ鳩の雛が飛べるようになって“巣立ち”したと思っていたら、時々は戻って来ていた、、、
親鳥も雛に餌を口移しで与えている、まだまだ体も羽根も小さくあまり遠くへは飛んでいけないよう思えるが、一体何処へ飛んで行っているのやら、少し気がかりなことは親鳥の“雄”の姿を見かけなくなったこと・・、
在りし日の雄の親鳥の姿 胸の毛が乱れていた、その下は怪我をしていたのでは??
今まで見てきて、単独で来ることはあっても基本つがいで行動していることが多かったのだが・・、

最近独りでやってくる雌の親鳩、
  hato50.jpg  hato44.jpg
一緒にいると判りやすいのだが、、雌の方が雄より体が少し小さく、とても用心深い、

キジ鳩 | 【2010-06-10(Thu) 06:26:49】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
旅立ち
一羽だけになった雛を見ていると、これが自然の摂理とは言え何か悲しい・・、(>_<)
hato28.jpg
近所には飼い猫がよく徘徊しているので襲われた? 何かに驚いた?? それとも巣立ち? 
けれど 当の本人達には私が抱くような感傷・感情など皆無だろう、そんな事に気をとられていたら生きていけない、

  雛は 巣の中でじっと動かず、親鳥が餌を与えに戻ってくるまで待ち続けている。
  親は 雛に餌を与える為に餌を求めて何処と無く飛んで行ってはまた戻ってくる。
  
そしてついに昨日、残りの一羽の雛が自ら巣を出て何処かに飛んで行った。 今日の早朝何時ものように親鳥が餌を与えに戻って来て「クウ~、クウ~♪」と暫く鳴いて、、親鳥も何処かに飛び去っていった。。 

そこから『当たり前のことを当たり前にする・・・、趙州洗鉢(じょうしゅうのせんぱつ)』を思い出した。
私が日々抱く色んな感情・悩み・不安はこの際置いといて「曲がりなりにもチャンと生きているから、それでいいじゃないか!」と思った。

キジ鳩 | 【2010-06-04(Fri) 07:43:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
巣立ち?
キジ鳩の雛が数日前までは二羽だったのだが、
hato05.jpg  hato02.jpg
今日覗いてみると一羽になっている。。既に巣立ち? それとも何かあったのだろうか? 
一羽になっても親鳥は餌を与えにやってくる、その姿を見ていると何かしらやり切れない思いが込み上げてくる。
しかしこれは野生動物の宿命であるし、親はは本能の赴くままに残った一羽に餌を与えている。

hato03.jpg  雄の親鳥、襲われたか何かで胸の部分の毛が乱れている。
hato04.jpg  雄の全身姿、 雛鳥も段々親鳥のような羽根模様になってきている。

キジ鳩 | 【2010-06-02(Wed) 16:52:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
つがいのキジ鳩、
庭先の木の幹にキジ鳩が巣を作って卵があるの気づいていた・・、数日前に雛が二羽孵っているのを発見!!
その数日前には雨が強く降っていたのに孵化していたとは、、チョッと感激。
hato01.jpg
今回親の画像が撮れなくて、、雛だけ初めて見る方には「可愛い」とは言えないかも、
それにしても、、親がいない時には全くと言って鳴かない、動かない、、まるで木々と擬態いるかのように見える。

実は数年前から庭先に“つがいのキジ鳩”が雄と雌の二羽がやってきて、時々餌をあげていた。。 そんな時に雄の片足にナイロン性の糸が絡まっていて、片足を引きずってやって来た。 何とか絡まった糸を取って上げたかったのだか、、何せ野生動物であるから捕まえることも出来ないし、そうしていると3本の足の指のうち2本が取れ一本となってしまった。
それでも“つがい”で仲良くやってくるの益々可愛くなってしまっていたのです。

キジ鳩 | 【2010-05-26(Wed) 18:20:04】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。