プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
一瞬 スッキリ!?
姉が帰って来て家の雑多な“モノ”を整理⇒廃棄処分するもの選別を処分日に出すことが出来た。
スッキリしたと思っていたが、処分する敷物を出すのをすっかり忘れていた! 残念~(T_T)
「まぁ~、私がするのだから、こんなもんだろう・・」と、、、諦めと納得するした。

仕事の付き合いが無くなって困ったことが“来年のカレンダーを無料で貰えなくなったこと”
今まで当たり前だったことが、そうでなくなることの寂しさを思い知らされた、これこそ世間が・付き合う人間が狭くなった証拠?

更に思ったことに現役で仕事をしている人、特に若い世代と接触のある人々の“見た目の若さ”に驚嘆!
知り合いに現役の教員がいるのだが、同じぐらいの世代なのに、その見た目やら、行動・言動の若々しさに驚愕する。私などはここ数ヶ月間に若い人々と声を・挨拶を交わしたことがすらない無い・・・、
要するに私は羨ましかったのだ、つまり嫉妬してしまった!!!

家族関係 | 【2017-12-22(Fri) 17:03:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
姉が帰って、、本番スタート!
本日(9日)午後に姉が帰ってくる、その前に荷物が先に届く、 
兄同様に≪親孝行をしに帰って来た、そして満足感を得ていい気分なる≫このような接待が始まる。
毒母も久々に会う姉を歓迎して、いい顔を見せる、私に言わせれば演技の応酬であるヤラセだ。
その演者に私も入ってチャンと自分の役目を演じているから、他人をトヤカク言う資格もない訳だが・・、
さぁ~これから、“本番スタート”、第一幕は姉の迎えだ・・・。

家族関係 | 【2017-12-09(Sat) 11:13:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
同じ種類の人間
10/8(日)~10(火)兄と姉が実家に泊まった、目的は毒母の冬物衣料を家から探して施設に持って行き、夏物衣料品との入れ替えと何やら施設に預けているお金=毒母のお小遣いが足らなくなったらしいのでその補充。

その二日間、私の悪い癖⇒外面良く・愛想を振りまいた。 これは鬱の体験者の本に多く書かれていて、心の中で自分も同じこと過ちをしていると思いつつも上辺を取り繕い“演技”をしてしまった。
 
兄達が帰ってから、やっぱりそれでダメだと思い、正直に自分の心の内側を伝え、先ず「電話を掛けていい」と返事をしてしまったので、兄・姉から電話での話を断った。補足:兄、姉からの電話を断っていた、

兄姉達の“電話=話”とは、常に決まったことの命令・指示、しかも『正しい・いいこと』
つまり毒親の≪アンタの為を思って**と言って上げている≫を彷彿させ同じに聞こえる。だから≪FAXにて“決まったこと”でお願いします≫

私の話は聞いているが記憶に一切残らない、いい例が9日の朝、3人で出かけたモーニングバイキング、楽しんでいる兄・姉達の雰囲気を壊してはいけいないと私は演技=上辺を取り繕った。 私は『匂いが判らない』と話をしたが、楽しい雰囲気の中で“匂い・香り”の話になり、賛同を求められ・・、言い換えれば特別扱いしないで普通の人間としてごく自然に扱ってくれた訳で、それに難癖をつける気は毛頭ないが、私の話は“忘れているか、理解されていない”と感じた。 

そしてここでも毒親とのやり取りを思い出す、毒母 が胃の手術を受ける前に父が私の寝床に毎夜にやって来て泣き喚き・・・、私を悩ましたことを毒母に話をした。
それに対して「なんちゃ~、気にすることない!」と一笑に付され、これで「何を言っても無駄だ」と痛感した・・・、これを彷彿させる。

つまり、兄・姉と毒母は同じ感性・感受性を持った人間。つまり「父ちゃんは気が小さいだけ、気にすることない」を言い換えれば⇒「(匂いが)判らんでも、そんなこと気にしなって!」 
因みに毒母もに“匂い”が判らないこと=話はしたのですが、今はすっかり忘れている?私は同じ種類の人間同士である兄、姉が毒母の面倒を見ればいいと過去に何度も思った。

そして私が「元気になった」と言われましたが、これも兄・姉のウキウキ高揚している姿が目に浮かび夢を壊してはいけないと考えたから、、鬱関係の本に似たようなことが書かれていて、私も同じ過ちを繰り返しているのだと“やりながら”感じていた。

兄・姉は私に課題(携帯電話、シャワートイレ設置)を残した、私は「毒母の望みは、一刻も早くここを出ること、いなくなるのだから、直ぐに出るのだから、もったいない!」と言ったのだが、これもまた繰り返しになるが私の話は聞き流され、シャワートイレがあれば快適に過ごせることは間違いない事実で“いいこと”なのです。

毒親から言われ続けた≪アンタの為を思って言って上げている≫⇒「シャワートイレがあれば母親が快適に過ごせるから付けることが何でダメ? いいことなのに・・・」と同じに聞こえる。 

同じことが携帯電話にも言えて、私が何度も 繰り返し「口に出し たら汗をかけ」携帯電話もシャワートイレも正しいい・いことなんだから、自ら契約(=汗をかく)をすればいい!毒親を施設に入れると決めた時も、私の一切知らない所で話を進め(=自ら汗をかく)実績があるじゃないですか! 
「遠くに住んでいるから」とか言い訳などせず、色んな施設を見学に行き、入る施設を決め!入所させた!有言実行(=口に出して自ら汗をかいた)したじゃないですか!もしも私が万が一、付けたり・与えたりすると何かしら言われ続けるのが目に見える。

姉が電話で言っていた毒親の誕生日のお祝いの会、心の中で既にやると決めているのが私には直ぐに判った、だから私は「決まったらFAXで、そ・れ・で・いいです。」と返事をした。

家族関係 | 【2017-10-25(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
一時帰宅、、
当初の計画では、18日入所して後、5/27~28日、自宅に一時帰宅する予定だった。
23日(火)に私が兄から指示で毒母の部屋のトイレに温水洗浄便座を自費で取り付ける為に、電気屋さんで聞いた“取り付け可能な便器のサイズ”であることの確認に毒母の部屋を訪れると、毒母が猛烈な勢いで己の主張を「こんな所、直ぐに出たい! 何で私がこんな所に入らないといけないのか!」と捲くし立てた!
その余りにも激しい勢いに圧倒され・・、毒母に対する罪悪感が私の口を閉ざした。

説明が前後しますが、27~28日の一時帰宅は5/18の入所時の毒母を説得する材料・建前として「試に、体験入所を一週間程してみるだけ・・」 都合のいい嘘をついて騙して連れてきたわけ「体験入所だから、27日には家に帰れる・・・」と毒母は信じこんでいた。
それが証拠に、部屋の中を全て片づけて荷造り完了、何時でも運び出せる状態になっている、

27(土)~28(日)の一時帰宅には姉が来られず、兄が独りで対応すると聞かされていた私は猛烈な不安に襲われた!27日に家に帰るのはいいけれども、28日に再び施設に戻れるのか?毒母が絶対に嫌がることが明らか、極端なケースを想像すれば、嫌がり・泣き叫ぶ毒母を無理やり車に乗せ連れ帰ることが出来るのか! 

特に姉が不在である故に兄だけでは対応が困難を極めると思う、、
私はその場にいたくない!見たくない!冷静な第三者の目(○○さん・・)から見て如何すればいいのか、私は是非聞いてみたい!私には絶対に出来ない!

当初の予定では更に兄と姉が一緒に6/3に来る、それに合わせて毒母も自宅への一時帰宅する計画。
6/4に毒母が自宅から施設に戻る時も相当に揉めると思われる。 

繰り返すが、一旦施設を出ると毒母の行動管理?は家族に任される=これが契約。
施設に返すのは家族の責任、私には到底出来ない! 追加で夕刻に姉から電話があり話していてとてもイラつく! 本当にイラつく!!  前も言ったことを繰り返す、『口を出す(電話でアレコレ指示をする)なら自ら汗をかけ(自らの手でやれ!)』 口先、電話でアレコレ指示するのは簡単。兎も角、姉からの電話(クラーを付けろ!)を受けてから、ずっとイライラ!! イライラ!! もう何もしたくない! 今日(23日)からやっと平穏な時間が過ごせるかと思ったのだが、 もう嫌だ!! 何もしたくない!! 何でこんな嫌な思いをしないといけないのか!!  

姉、兄には理解されないと思うが、毒母が苛立つのは私にはとても良く判る。 
イライラする、、イライラする!! イライラする! 腹が立つ!! イラつく! イラつく! 
こんな嫌な思いをして嫌な奴(姉)の言いなりにならないといけないのか! 理屈じゃないのだ! 気持ち・感情が拒否する!今の段階では、もうダメ! ついていけない! 協力できない! 完全拒否だ!

家族関係 | 【2017-06-17(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
兄から突然の電話
突然11日21:00頃、兄から電話が・・、
「来週毒母を介護施設に入所させる、その手続、契約書を交わす為に帰える」突然の話に驚いた!
確かに私は毒母を介護施設に入れることに反対派していない、むしろ賛成の立場だ。・・・・が、当の本人=毒母はそのことを知っているのか、納得しているのか? ここに最大の不安を感じる。 

だから兄、姉には私の考えを・・・以下

『毒母が施設に入ることに納得しているか?』ここが一番の問題だと思います。
外の人(兄、姉)に対しては『外面がいいので・・・・』本人が心底納得して入所するならいいのですが、何度となく言っているのですが私には毒母は“かまってチャン”に思えます。
今なら「食べたくない・・」と言って食事を取らない、ご飯を食べない→態と心配するようなことをして、自分(毒母)に注目・関心を集める→“かまってチャン” 若しもそうだとしたら、、うやむやな形で契約を結びその後文句を言ったり問題=ご飯 を食べない、運動しない、健康に悪いことをして施設の人に迷惑をかけ、施設から家族(兄、姉、私)に電話連絡をするように仕向ける。

兄も言っていたのですが・・≪歳をとって子供に帰る≫小さい子供のように、態と悪いことをして泣き喚き、親の関心=愛情を我が身だけに一身に集めたい! 
兄、姉には理解されないとは思うのですが、毒母は何時も文句、悪口を言います。しかし毒母自身は「文句・悪口を言っているつもりは毛頭ない!」だから私の文句を言われる=苦痛に感じていることが判らない、毒母は普通に家族・親子の会話をしている、または『アンタ(子供)の為に、言って上げている、している!』・・・か、「家族なんだから、世間様には言えな いことも話し合うのが理想」とか、 

スーパーで食料品を大量に買い込むのは、認知症=買っていることを忘れる?と言うより、
「アンタ(私)の為に買う」独りで家にいるから食事の心配をして上げている、幾つになっても親が子供の心配、面倒を見るもんだろう、ましてや独身で、尚のこと心配している。 

一見したらとても子供を思う、いい親でしょう!
つまり『自分は正しい、いいことをしている!』この自己中心的な考え=発達障害の典型的な形だと私は思う。

話が横道に逸れました。
繰り返しますが、私が見る限り、毒母が施設に入ることに納得しているようには思えません!兄、姉がチャンと説得して納得させることを希望します。発達障害の人(毒母と兄、姉) 同士の思いのぶつかり合い、お互いに『アンタの為を思って、いいことをしている!』正義のぶつかり合いになることだけは避けた方がいいと思う。
念の為、私は施設に入ることに反対はしていません。出来れば兄か姉と一緒に暮らしたいいと思う、
孫もいるし毒親の思い描く理想的な家族像が其処にはあるからです。

家族関係 | 【2017-05-13(Sat) 06:27:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
姉が来る
姉が来週“こちら”やってくることに・・、火曜日にケァマネジャーと介護認定調査員との面接が行われる。
それと毒母には“了承”は取っていないが、毒母を入れたい老人ホームの見学するらしい、、

私もそれに乗っかり、“手伝って貰いたいこと”を姉に→「梅雨が来る前に部屋の模様替え、特に部屋に敷き詰めている絨毯を巻きたい!」これを第一優先で手伝って貰いたい!とけて姉にメールで伝えた。

毒母も姉が帰ってくることを知って「これ幸い?」本気なのか?「もうすぐ死ぬから、、お金のことをチャンとしたい」と言い出した。子供達(兄、姉、私)が興味があるだろう“相続=お金”で自分(毒母)に注意、感心を集めたのではないかと、私はこれを『かまってちゃん』と表現しているのだが真意は不明。
私の考えでは“お金”は毒母、兄、姉、私、全員が揃っている時に動かさないと、後々面倒なことになりかねないと思う。

それといい機会だから、第三者=ケァマネ、介護認定調査員に、今までの兄・姉へのメールを印刷して読んで貰おうと考えている。それで『兄、姉と毒母のことで白黒つける』こんな思惑が全くないとは言わないが、私の言っていることがどんな風に他人の目から見られているのか?知りたい欲求が抑えきれない。

家族関係 | 【2017-05-11(Thu) 16:18:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
兄、姉にメール
兄、姉に対して溜まった鬱憤をぶつけ、怒りをぶつけたメールを自戒の念と込めて残しておきます。

兄、姉に同時にメールします。
先ずお断りしておきたいのですが、兄・姉それぞれの個人アカウント・メールアドレス宛てにメールを送っている⇒『兄、姉其々本人が読んでいる』他の誰かが読んでいるとは思っていませんから、

姉へ:4/*3~*4、兄がやって来て毒親の色んな手続きをしました、具体的な内容は兄に聞いて下さい。 
その時姉がこちらに来ると聞きました。 それなら・・・実家の冷蔵庫がパンパンです、毒親がスーパーで食料品を一回で6,000円~8,000円程購入するからです、前に私が姉にそのことを言うと・・、「アンタ(私)が気を付けて捨ててくれればいい・・」まぁ~何と勝手な言いぐさ! これこそ発達障害の典型的な“自分中心の考え方”

それに返します「毒親のことでは口ばっかりでなく汗をかけ!」 “この例え”が判らないのですよね、
「口ばっかしで・・・」⇒“助け”を求め た私に対して電話口で「ああしろ!こうしろ!」と言うだけ、
「汗をかけ」⇒自分(姉)の手で実際に冷蔵庫を開け中身を確認して、自らの手で捨てろ! 
しかし毒親達=兄、姉に何を言っても「アンタ(私)の為を思って〇〇している」 毒親達(兄、姉)は『アンタの為に“いいこと”をしている』絶対の自信。 私が何かを棄てると「アレはどこ行った? もったいない!」文句の攻撃に私は耐えられない! 更に冷蔵庫に空きが出来るとまた食料品を買い込む、この繰り返しを避ける為です。

私が助けを求めたことすら判らない・・(=共感性の欠落、他人の気持ちが想像できない、判らない) 
だから毒親(兄、姉)は正しい!いいこと!=「アンタ(私)が気を付けて捨ててくれればいい・・」とチャンと言っているのに「それが何故判らなのか?アイツは(私)頭がおかしい、変になっている、病院へ行かせないと・・・」

庭に草が多く生えてきました。
私は腰を痛めており屈んで草を刈り採ること辛いです。それで数年前には「除草剤を撒こう」と言うと「毒を撒くのか!」と激しく罵られました。 私には毒親の言う『草』が私には理解出来ません。 発達障害・アスペルガーのこれも典型的な思考回路『自分(毒母)のしたいこと、言ったことは判る・するのが当たり前』今流行の忖度ですかね、

毒親が草と言うものが“草” これを称して私は十数年前以上前から兄、姉に「こちらでは奥さんの言うことが全て正しい」それに対して「そんな馬鹿な」と一笑に付されました。「あぁ~やっぱり・・・、今後一切関わり合いにならない!」と固く決しました。 

数年前にやっと毒親 が自分で○○人材○○に頼んで刈って貰いました、けれどこれも毒親は文句タラタラ、、私が文句と表現しているのは、毒親と同じ人間(兄、姉)にとっては「家族の間で交わされる話・会話」なんでしょうね、だからこそ兄か姉=同じ価値観で話の合う人間と暮らせばいいと、繰り返し言っているのです。 

私が毒親に関して「口ばっかしでなく汗をかけ!」と言っても“汗”の例えが判らない兄、姉ですからね、
如何せん私は毒親達にとっては基地外(きちがい、意味:精神異常者)でから、繰り返します私は『毒親は兄か、姉と一緒に暮らしたらいい』と思う、毒親自身も〇〇施設に入ることを嫌がっている「こちらで暮らしたい」と言っている。 
親の意志を無視して何処かの施設に入って貰おうと説得? 私は反対です!・・・・が、毒親(兄・姉)の言うことは何時も正しい! だから、どうぞご勝手に・・・・、

将来、病気にな ったとか、お見舞いなど絶対に行きません!
理由は、絶対に忘れられない=父親が金曜日の夕刻風呂場で倒れた時、私は「病院へ救急車を・・」と強く言った!それに対して毒母は拒否、これも発達障害の典型的な例『自分の言うこと、判断が正しい!』
私は「その時もうこれで父親はダメだ・・」腹を括りました。

同時に病院へ見舞いも絶対に行かないと決めた! 病院で父に付き添い、甲斐甲斐しく看護している演技をする毒母の姿が容易に想像でき嫌悪感を持ったからです。 現実に病院から帰って来ては、父親のことや病院・先生に対して、文句タラタラ・・・、
しかし毒親=兄、姉は「自分は正しいこと言っている」 

話を戻します。
翌週の月曜日の朝に他人=○○ちゃんが〇〇の家まで行っ て貰い、毒母が嫌がるの無理やり病院へ連れて行って貰いました。
その日の晩には毒母は○○ちゃんのしたことに、これまた文句タラタラと・・・、
イヤ!兄・姉にとっては『家族の思いやりのある会話』失礼しました。だからこそ『話の合う』兄、姉と一緒に暮らしたらいい! 私とっては毒なんですが、兄・姉には大切な親なんでしょう! そんな大切な親を基地外=私と一緒に住まわせているって・・、 

兄、姉達は“正しい、いいこと”=私に対して「毒親は歳をとったから、大切に気遣え・・、手助けしてやれ・・」と言っておいて、何故“自ら汗をかく”=毒親と一緒に暮らして今まで育ててくれた感謝の気持ちを具体的な行動=一緒に買い物に行き・毒親の作ってくれた食事を一緒に食べ家族の 楽しい団らん(私には地獄でしかなかったですが、話の合う兄・姉ならそんなことはない筈) 親子の楽しい会話(これも私には他人の悪口、文句ですけど) 毒親の部屋・トイレの掃除、ガラス拭き、雑草を刈る、道路の落ち葉の清掃、洗濯をしないですか! 

想像ですが・・・・、兄、姉はここから遠く離れ、各々地で生活基盤を築いている。
「実家居るアンタ(私)が世話するのが当然、家賃も水道、光熱費も払っていないじゃないか(姉に言われた)」
それに対して私は「兄、姉は就職して家を持ち、結婚して子供も生まれ、既に成人・結婚もして赤ちゃんも生まれた、絵に描いたよう幸せを・・・、その幸せを何故?大切な母親に判り合わないのか、感じさせないのか? 
やっぱり基地外の私には判らない毒親(兄、姉)の感覚だ。、

家族関係 | 【2017-05-03(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。