プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
謎が解けた!
某ブログ・女性について「何故エッチな方向へ向かったのか?」 その謎が解けた! 
理由が判った! PCを整理していて“それ”を発見!((((;゚Д゚)))))))

これから、女性に対して失礼極まりないことを申し上げることをお許しください、
我がPCに“お気に入り”登録をして長らく放置・・、その一つに今回の女性とそっくりさんを発見!
某サイトは私の好きなパイパン女性の多くの画像を掲載されていて、数年前に無料で閲覧可能な範囲まで探しては“お気に入り”に登録をして・・、そのまま忘れていた。

以前に≪そのお気に入り画像≫を見ては、妄想を膨らましてオナしていたのか・・・、忘れた。
しかし、エッチな目的⇒オナする為に好みの女性のAVを選ぶと同じ感覚でそのサイトで“タイプの女性”を探していたことに間違いない! だから私の頭の片隅の記憶に残っていて、今回のたまたまその女性に似ていたから、人としての興味を抱く前に、いきなり『エッチがしたい! エッチをした(本当はオナ)』感覚に陥ってしまったような気がする。

繰り返します、、
偶然にも好みのAV女優さんに“似た人”に会った、実際にホンの一言三言だけ声を交わした。
それまで何度くなく同じようなタイプ・好みのAV女優さんのエッチをしている映像見て、自分もあたかもエッチをした⇒現実はオナ。事実=オナと“エッチがしたい願望”が混濁して区別がつかなくなったのだ。

目を醒ませ! 現実と願望の妄想世界は一致しない! 全く違う別物! 
『夢を見る』悪いことではない! しかし『現実とは違う』 これだ!

某ブログ&女性 | 【2017-04-25(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
元凶
時間に遅れ、慌てふためく夢で目が覚めた・・・・・、         詳しくはこちら
⇒<非常に高い、ほとんど達成されることない目的、欲望を持っていていることを意味していて、その目標・欲望が達成されないことを既に判っている>

その原因は某ブログの女性の存在だ。 
親子ほど年齢が離れているだろう女性に、声をかけ舞い上がってしまった。そして“夢の世界”⇒発達障害の典型的な思考(自分の思う通りの理想の展開) 現実と区別がつかなくなった。
今回も、名前だけ知ってその他のことは一切判らない!『独身』かどうかすら知らない。

『自分が一生懸命好きになれば、相手も好きなってくれる?』非現実的な独自の方程式?があって、その気になって独りで舞い上がった。けれど心の奥底では『これは絶対に達成されない!』と知って判っている筈なのに・・・・、自分の都合のいいように・・、現実と夢が区別つかない。
ここらあたりの矛盾・心の葛藤が“遅れる夢”となり体と心の不調和音の警告を発している。

妄想は止めれない! それなら『現実と夢・願望との違い』を自分の中で区別をするしかない。
先ず妄想方程式は過去の経験から→≪私が好きになる人は私のことに関心がない≫ 

自分に自信が無く自己否定し続けてきた私が「自分が好きなら、相手も好きになってくれる?」 
正しくは⇒『自分が好きな人には(私を)好きになって貰いたい!』目標であり願望。 
相手の女性は私が好意を抱いていることすら知らない。
女性側から見れば「20歳以上の年齢差の男性、付き合う、結婚・子供が生まれ、成長して入学、参観日“自分(子供)の親だけ爺さん!” 学費もかかるのに収入は? あり得ないだろう・・」

たまたま、映像では無く肉眼で直接見つけた?“好みの女性”「こんな女性と付き合えたら、いいなぁ~、セックスしたら気持ちいいだろうなぁ~」こんな風に想像・妄想することは悪いことではない!男として当然のことだ。

ここから強引だが、レンタルDVDでアダルトと探している時『本来の目的はエッチがしたい!』  
しかし出来ない・・、だからエッチの代用オナする為に借りる、パッケージ・広告宣伝を見てタイプのAV女優を選んで借りて・見る。画面上では男優が腰を振って女優とセックスを・・・、私も”腰を振り”オナしている。
しかしその反面“醒めた”ところがあって「ステキな女優さん!しかし決して手に触れることが出来ない、リアルなエッチなど到底出来ない!」と判っている。

今までアイドル、女優さんとかの熱烈なファンになってイベントに参加するとか、嵌るとか、経験がない。
心の何処かに『私とは住む世界が違う人、雲の上の人』と言うような醒めた見方があった。

ここから、今回のことは例えるなら「たまたま街で好きなタレント・女優さんを見かけた、一言二言会話を交わした、メッチャ興奮した」その余韻が今は醒めない時期なんだと、、その女優さんと「現実に付き合えるか、セックスできるか、結婚・・・・、出来ないだろう、当たり前だそんなこと」

今回のことも私にとってはアイドル・女優さんと同じ=雲の上の人、条件(年齢差20歳越え・・)違い過ぎて釣り合わない! この現実を受け入れ納得すればいいだけのことだ。

某ブログ&女性 | 【2017-04-19(Wed) 08:11:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
久々に見かけた。
4月○日(金)某女性を見かけた。
髪をカット?気づくのが遅れたが、日々の生活で利用して以前話しかけた同じところだった。

気軽に「ブログが変わったね」とか話しかけようと思ったのだが、出来なかった、(ノ_<)
それは敬遠・拒否しているかのような態度・行動をしているように見えたから・・、「初老の男が若い女性をナンパ?しているかのよう周囲に思われないか?」または「流行のネットストーカーになっていないか」と、変な気を回し、裏を反せば“その気がある”と、、、確かにあった、|д゚)チラッ

完全に私の一人相撲だが、久々に“恋するドキドキ感”を味わうことが出来た!(*´_ゝ`)
初老を迎えた今日、このドキドキ感・恋する気持ち?年甲斐も無くと言われるかも・・、

“話しかける”ことが出来なかったことで自分を責め自己嫌悪に陥ること止めようと思う。 
若い時から何度となくチャンス?を見逃してきた私が、今頃になって『恋の逆転満塁ホームラン!』あり得ない。今まで「出来る筈もないことを出来なかった」と散々己を責め続けて来た、それで何か変わったか! 何にも変わらない、、益々気持ちが落ち込むだけ、(つД`)ノ

私には出来ないことを“やろう”→“出来なかった!” それでやらなかったことを何時までも悔やんで「今度こそやろう!」と思うのだが、次も出来ない、この繰り返し・・・、同時に“自分を責め続け自己嫌悪に陥る” そもそも私は出来ないことをやろうとするから、負のスパイラルに嵌る。  

若い時から「何故?執着するのか、何故?諦められないのか、何故?同じ失敗を繰り返すのか」と、自分を責め続け「俺って、、ダメな人間だ」自己否定し続けて負のスパイラルに落ち続けた、それで益々何も出来なくなった、、

その答えかも、と思われることがトアル書籍に書かれていた、
>幼少期のネグレクトにより、親との愛着関係を結べず、自己肯定感を養うことができなかった・・、
>実際、幼少期に親との親密な愛着関係を築けなかった人の場合、思春期から青年期にかけて、
>異性との恋愛関係を結ぼうとする時に、異性に過度に甘えたり相手を独占したり、支配したり・・、

思い当たることが、兄・姉に言わせると末っ子の私は「母親に甘えていた、甘えん坊だ」と冷やかされた。
私自身は全くそんな気はなかったのだが、今思うに親と愛着関係が希薄であり確定されなかったから、必死でそれ取り返そうと甘えていたのかもしれない、結果は拒絶・無視され現在の私⇒生涯未婚。 

≪参考資料:2015年生涯未婚率は、過去最高を更新!男性24.2% 女性14.9% 厚生労働白書≫

これを言い訳にして自己正当化するつもりは毛頭ないが、私は“独りぼっちじゃない!仲間がいる
そんな私が一人相撲であるが『ドキドキ感を味わえた!』これだけでもいいじゃないかと思う。

某ブログ&女性 | 【2017-04-17(Mon) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
変わっていた
前に書いた某女性のブログのトップの仕様が変わり○○が修正されていた。
某ブログ運営会社は有名芸能人がブログを掲載していてそれをワイドショーが取り上げて・・・、 

当該ブログを読んだり≪投稿コメント、いいね!リンク先≫から見に行くと、多くが若い女性?が書いているブログで、記事の内容が“起業とか、〇〇アップとか、こうすればいい!”とか・・、殆どが「前向きであり、勇気を貰う・与える、こんなに頑張っている」 とてもいいことを書いている。

驚いたのは堂々と“顔出し”していたサイト・ブログがあったこと(°_°)
芸能人なら名前や顔出しはアリだろう、、ビジネスを兼ねているブログ≪講演会の告知だったり、メルマガ登録の勧誘≫理解できるが、もしも普通のOL・女性がこんなに元気に、日々充実して、読んでいる人に勇気と感動、そして希望を与えるって・・、「これって、本当にそうなの?」と疑ってしまう、

私がこのように感じるのは、もっぱらアダルトサイトで本音トーク炸裂に慣れ親しんだから・・、それとも私が「ネット上のブログだからこそ! 言いたいことを包み隠さず思いっきり本音を言うものだ」と勝手に思い込んで、皆もそうだと決めつけているせいかも、、
そうだ!!  きっとそうだ! 
これこそ私が毒親と同じく→『自分の思っていること行動は正しい』 自分だけの世界に閉じ籠って周囲の人の言っていることが判らない、受け入れられない、発達障害・自閉症の典型的な症状だろう、、

更に発達障害の思い込みから、一様余計なお世話だとは判っているが、一言・・・、
私が少しの時間遠くから見聞きした様子から受ける印象と、当該ブログの書いていること、現在の仕事、目指すモノ? 全くかけ離れているように思えてならない、私にとっては“甥っ子、姪っ子”世代(因みに姪っ子の二人は既婚、子供も生まれました)だと思われ、私の中で被ってしまい「大丈夫か?無理していないか?」と気を回してしまう、そこにスケベな心があることも否定しない、

某ブログ&女性 | 【2017-04-08(Sat) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
某ブログ
毒親関連の話から、一旦横道に逸れます。
顔を知ってチョッと話をしたことのある若い女性のブログに〇ヶ月前に偶然流れ着いて、驚いた(;゜0゜)
何と自らの顔=画像を掲載している!

実は如何でもいいことをズットと、悩んでいた。
それは「若い女性が自らの顔を掲載するのは如何なものか・・」と注意?話をしていいものか、
余計なお世話であることは判っている、アカ他人で恐らくその女性の父親と同世代である男から、
「私の心に何処かにスケベな気持ちが全くないか!」と言えば・・・ある!

偶然にも本日、○○で見かけた! 勇気を出して?「大変失礼なことを申し上げるが、、ブログに自らの画像を掲載するのは止めておいた方がいいのではないか」と話しかけた、それに対して彼女は大人の対応。

私も毒親と同じかも・・・、
『私(毒母)は正しい!いいことをしている⇒アンタの為を思って、言ってあげている!』 

私は”ネット上で個人情報を晒すのは危険”これを錦の御旗に掲げて、上から目線で若者を指導・監督している気持ち=驕りがあったのではないのか、 
やっぱり余計なお世話だよなぁ~!私のスケベ心が今回の行動の原動力の一つであったことは間違いない!

某ブログ&女性 | 【2017-03-22(Wed) 18:09:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。