プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
入所日決定
兄からの電話で毒母の施設への入所日が18日に決定したことを知った。
私には急なことで心が乱れ取り乱して冷静さを失った、入所日に合わせて先に姉、後から兄が帰ってくる。

私は・・、若しも毒母が今なら「食べたくない・・」と言って食事を取らない! これさえ改めてくれたら、何とか今のままの流れ(週2回のディ、3泊4日ショートステイ)で行けそうな気がしていた。
これは明らかに今までの私の言動と矛盾している、今まで「毒母と一緒に暮らせない、兄か姉が暮せばいい、施設に入れてくれ!」と兄、姉に文句の電話、メール何度となく繰り返していた。 

それが、毒母が施設に入ることが急に目の前にぶら下がり現実味を帯びるとしり込みをしている。
急に怖くなったのだ、、何を怖がっている? それは『母親を見捨てる私は何って酷い人間なんだと、自分を責めている!』 これは言い換えれば私の毛嫌いしている毒母の『外面の良さ』と同じ、私は外の人間から良く思われたい! これをまさに私が実践しようとしている。

自分の本音を隠して、私はもっともらしい理由を上げて「毒母が入所に納得しているとは到底思えない、相当揉める」と・・、それが怖くて同じことを兄、姉に立て続けにメールして、それでも気になって電話で長時間話し込んでしまった。

姉に言われた・・、「施設に入所することに本人の了解は取っていない! 今この機会を逃せばこの先いつ入れるか、全く判らない・・・」 更に姉がケァマネとの間で話をした内容も・・「無理やりでも、お母さんを施設に放り込まないとダメ! 外面のいいお母さんなので他人(施設に入ると)の前ではチャンと食事を取っている、会話もする」

それが家族だと甘えて、食べなかったり、文句を言ったり、つまり甘えてしまう→私の表現「かまってチャン」がまさにそれだ。 家族で面倒見きれないのだから他人に任せる! そうしないと面倒を見る家族の方が倒れる」 まさに私が5/1の記憶が一切飛んでしまった(一過性の健忘症)これだ! ストレスが私に重くのしかかり私の体・心が悲鳴を上げている証拠。 

母親のことより自分の体を第一に考え大切に、長々と電話口で話をしていて涙が溢れて止まらなくなった。

親子関係 | 【2017-05-15(Mon) 06:28:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。