プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
長年のストレス
6/12(月)心療内科の診察予約をしていて診察を受けた。 
予約は12:30~だったが実際の診察は13:30~、医師から「薬を飲んで調子は?」と問われ「寝る前に飲んで最初の2~3日は夜寝つけなかった・・」と、 これには驚いたようで、薬を飲む時間を朝食後に変更して同じ薬を2週間分処方される。 

前回の診察で言い忘れたこと“一過性の健忘症”になったのは長年のストレス、、
4~5年ほど前に父親が倒れて入院、それと同時に店を廃業するのに伴って、在庫商品の処分、会社の解散の手続きを税理士さん、司法書士さんに依頼、必要な書類を揃え、各役所に提出、店舗の陳列台等を処分を業者を探して、見積りを取り処分の立ち会い・・・、

父親=社長が倒れて・・、そして約3年前に亡くなったが、私は全然悲しくなかったこと、
それは昭和の5*年に当時会社に勤めていたが、奥さん(毒母)が胃の手術を受けることになり、社長が夜中に私の枕元に現れ「お母ちゃんが、、死ぬ・・」と嘆き・泣き、、、それが毎晩のように続き、私はノイローゼ?会社を辞めて、店を手伝うようになった。

私は会社を辞めたくなかった! もしもそのまま勤めていたら結婚もして今とは全然違う人生を送っていただろう、当時真剣に結婚を考える女性もいて、結局はフラれたが・・、若かったので体力・気力、やる気もあり仕事が順調とは言えない時や嫌なこともあったけれど安定した収入は今思えばとても魅力的だった。

私の最初に人生を狂わしたのは社長だ!“その出来事”を後日奥さんに話したのだが「あっ、そう! 父ちゃんは心配し過ぎただけ、、気のちっちゃなところうがあるから・・・」と軽く受け流れた。奥さんには私の真意は伝わらない・・、不思議なことにショックは無かった、前々からそのことは何処かで判っていた。

会社を辞めて30歳前に腰が痛くなり、病名:脊椎分離症、ショックで激しく落ち込んだ、医師からコルセットを付けて腰の周りの筋肉を付けなさいと言われ、この時は鬱状態だったのでは何をしていたのか思い出せない、確か・・当時はレンタルビデオでアダルトビデオ借りていたと思うが見る気が失せた、暗黒の数年間を過ごしていたよう思う。

40歳を前にして、焦りから“婚活”でお見合いをしようとしたが、お世話してくれる人に「年齢と職業(自営業)のハンデは大きい」と、お見合いをしてくれる相手が見つからず、それでパーティーに出かけたり、仲間と自分達でイベント開催したりしたが・・・、結果やはり若い人から相手が見つかり結婚して行った。若さを失うと婚活=競争世界では圧倒的に不利だ。

その内に左足に痺れが・・、再び医師の診察を受け病名:脊椎分離すべり症、徐々に痺れが酷くなり、歩行に支障が出始めて、ついに手術、3ヶ月間程入院、その後の数年間リハビリ生活を送った。

心療内科 | 【2017-06-25(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。