プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
介護施設とは
毒母が認知症であると判り施設に入ってから、認知症関連の本を図書館で借りて読むようになった。
そこで施設の現状をとても言い表している本に出会った。

 認知症の「私」が考えること、感じること
      高齢者介護施設の現実と希望    村田光男(著)

数年前に発行された書籍だが、現在の毒母の入っている施設をまるで見たかのように・・、驚いた!
毒母の施設を訪れて感じるのは“人間関係が重要” 嫌でも毎日のように顔を会わせないといけない、食事の時間の座席の問題。お互いに程度の差はアレ認知症を患っている、話が噛みあい仲良く友達になれるわけがない。

毒母が良く言う「こんな所に入っていたら、ボケる!」強ち間違っていないように思える。
時間の流れ曜日感覚が無くなる「今日が何日の何曜日か?」テレビの番組か新聞で時の流れ外の世界を知るしか方策がない、そのテレビも共有スペース=食事をする所にある訳で⇒席が決まっている、つまり同じテーブルで同じ面子、、気が滅入る。

入れた人間(兄、姉)にしてみれば“安心”間違いない! 入った人間=毒母にしてみれば“生き地獄”
何の為に生きているのか? 閉鎖空間で何を楽しみにするのか? 生きがい? 
立場の違う両者の言い分は何処まで行っても平行線で交わらない、、それなら私は如何だ?
毒母が家にいなくなって寂しいか・・、違う!今感じているのは騙して入れたことに対する罪悪感だ。

だから罪滅ぼしの気持ちで毒母の施設に週一通っている気がする。よくよく考えれば嘘をついて騙してはいない、ただ『本当のことを言わなかった』今の毒母から「施設を出たい!」と言われても、契約の名義は兄が行っているので兄が申し出ないと施設を出ることは出来ない! 

もしも毒母の希望を聞けばもっとも影響があるのは私だ! 一旦施設入った毒母の介護計画を新たなケアマネを探して作成≪週:○回ディ、○泊○日ショートステイ≫ 施設に入ったことで歩行能力が衰えていることは確実、認知も進んで、短期記憶障害が酷くなっているのは確実、同じことを何度も聞く、スーパーで大量の食材を買い込む、冷蔵庫がパンパンで結果腐る。

毒母が入所して後、毒母の洋服等を姉が整理していた時に“使用済みの紙パンツ”を大量に溜め込んで・・、 
何せ私は匂いが判らないから気づかない、家に帰ってくるとまた同じことをするだろう、もう二度と嫌だ! 
今更以前のような生活ペースには戻れない!と言うことは毒母にはこのまま施設にいて貰うしかない!
毒母のことを考えるより私の残された人生○○年を如何に過ごすか、嫌なことを黙って耐えるのはもういいだろう。 

読んだ書籍 | 【2017-06-27(Tue) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。