プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
鬱の始まりは・・、
     うつで無職で依存症          横塚紀一(著)

とても印象的だった一文⇒長年鬱を患っている原因の一つに『うつの原因を取り除けていない』・・・

思い当たることがある、私が鬱になったのは昭和5*年、会社勤めをしていた20歳代半の頃ではなかったのか、その時母が胃**になって手術で切除することなった、病気が判明してから父親が私の枕元にやって来ては「お母ちゃんが、、死ぬ・・・」と泣き・喚き、愚痴・泣き言を毎夜繰り返し私を悩ました。

その時、私には真剣に結婚を考える女性がいたが・・・、彼女には将来を約束した相手がいて、私はそれを知らずに「この女性しかいない!」と思い込んで完全に周りが見えない状態、お相手の男性が会社に乗り込んできて一悶着あり私は動揺してしまい、私が身を引くことになった。

彼女に騙されたと思ってもいい筈が、“自分が悪い”と己を責め、その後に父の仕事=自営業を譲ろうと思っていた男性の従業員が突然他社に引き抜かれ自営業が傾き、その時近くにいたのは私だけで・・、

県外にいた兄、姉に相談すればいいものを近くにいるのは私だけ、“私が何とかしないといけない”と勝手に思い込んでしまい、失恋も関係?よく判らないが、私独りが責任を背負い込んでしまい、結果会社を辞め自営業を継ぐことになった。

ゴタゴタする前から腰に痛みが、診断は脊椎分離症(後に脊椎分離すべり症に進行して手術を受ける)
今にして思えば、、男性の20歳代後半と言えば仕事も、エッチ関係もヤル気が満ち溢れる筈、それなのにその気(エッチも含めて)全く失せ、生きる屍?その後数十年間は“鬱モード”だったような・・、言い訳だがこれで“婚期を逃した”と思っている。

そうこうしていると周りの友人達がドンドン結婚して「これでは駄目だ」と気づいたのは30歳代後半。
既に40歳が目の前に迫っていた時、慌てて今で言う所の婚活=お見合いや合コンに参加するが、条件「年齢、職業=自営業」が悪すぎた。

これはお見合いをお世話下さった叔母様に言われたことだが、当時は農林水産業=自営業は敬遠される職種:理由は「給料制(ボーナス含む)でなく収入が不安定であること、それでも若い20歳代なら将来に明るい希望も持てるが、40歳にもうすぐ手が届く男性はチョッとねぇ~・・・・」

これを言われて“言っている”ことは至極当たり前・当然であると思った、恋愛ではなく真剣に結婚=生活を考える女性にしてみれば、将来への安心感⇒希望が持てる相手を選ぶのは当たり前、現実の厳しさをヒシヒシと感じながら諦めの悪い私は・・・、

40歳を超えてそうこうしていると、腰の痛みから右足に痺れが表れ、ついに手術をすることに術後約2ヶ月の入院、回復期リハビリ病棟に転院してそこでも数ヶ月間入院して後、退院しても腰にコルセットを着用して杖を頼りにする生活を数年間・・・・、

話が横道に逸れてしましました、、
私のうつの原因は母=毒母であることは間違いがない、しかし私の中で腰の手術・入院、術後何も出来ずに数年間に渡り面倒をかけたと負い目を感じてしまい、お返しをしないといけない・文句を言ってはいけないと思い込んだように思う、

本来、早く『親離れ⇒特に母離れ』すべきだったのだ、
最初に書いたように鬱の原因である毒母が近くにいる、つまり取り除かれていない! これに尽きる!

読んだ書籍 | 【2017-10-01(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。