プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
診察で話したこと
10/2 診察時に10/1,ブログ記事を印刷して、それを見ながら先生との面談を行った。

先生からは昭和の5*年頃の私の独りよがりで先走り恋愛の話に食いつき気味で「何で相手の女性は、婚約をしている男性がいること言わなかったのか」と私の味方?するようなことを言ってくれた。
本を読んで「私は20歳代半ば~後半にかけて鬱状態になっていたのでは?」と質問したつもりだったのが、スルーされ・・・・、まぁ~それは仕方がない“恋愛・人生相談”をする場では無いから・・、

今思えば、25~28歳の数年間に色んな出来事が起った。
⇒自営業(家業)を譲ろうと思っていた男性従業員を引き抜かれ、家業を傾き継ぐ羽目に、
⇒会社を辞めるもう一つキッカケ=恋愛騒動で会社に居づらいと勝手に感じてしまった。
⇒もっとも嫌で離れたかった家業に最終的に取り込まれた。
⇒腰を痛め、闇の世界に取り込まれたような暗い気分で、その後の十数年間の記憶がない、

当時を振り返ると、腰を痛めことで一気に気持ちが沈んだ、それで女性に対する興味も無くなり、オナする気にもなれず、今にして思えば“性的な不能”だったように思う、
30歳半ばから40歳を目の前にして「これではないけない」と焦り見合いをしたが、もうダメ(>_<)

心療内科 | 【2017-11-03(Fri) 15:44:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。