プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
偶然にも・・・・、
7日朝,9:20頃毒母の施設にいた、その時偶然にも姉から施設の毒母に電話がかかってきた。

:補足説明:
週イチで施設に毒母の好きな果物等を差し入れしている。 
入所時の規約で家族・親族が付き添いしない限り、入所すると入所者(毒母)の意志で外出は出来ない。 
三食付なので自ら料理することなく、スーパー等に買い物に行く必要性も無いが、毎○曜日に敷地内に軽トラを改造した“移動スーパー”がやってきてそこで買い物が可能、何せ軽トラの荷台積める商品アイテムも限られていて・・・

電話口から漏れ聞こえる話から姉が定期的に電話を掛けては毒母の様子を確認しているようだ。
事務所で電話を受け話をするから近くに職員がいる、外面宜しく綺麗ごと「○○(私の名前)のこれからの生活を如何するか心配だ、、空家を壊して更地・駐車場として貸す・・・、家を建て直す・・・」 

私の話したこと(空家を・・・)をまるで我がことの如く姉に電話口で・・、認知症だから同じことを繰り返し、同じ電話で私も姉と久々に話をして「11月の下旬に兄か、姉が毒母の〇〇に付き添う?」
電話が終わって感じた≪毒母と姉の話し方・口調、話の内容がそっくり!≫流石母親と娘(姉)!

実際、毒母や姉と話をすると私の気持ちが何故か明るく軽くなった! 
それは何故か?私の言っていることが“理解された”と勘違をして舞い上がってしまったのだ、過去に何度も騙され、裏切られてきたことを忘れたのか! 
しかし一旦舞い上がった私の気持ちは時間の経過と共に現実に引き戻され落ち込む、この繰り返しだ。

親子関係 | 【2017-11-16(Thu) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。