プロフィール

P 旧姓:パイパン大好き

Author:P 旧姓:パイパン大好き
パイパンが大好きでSMに関心がある初老の男性でしたが、アダルトSMに関する興味・関心が薄れ、それに代り毒母・親子関係に悩み心を病んでしまっています。

Blog運営方針・自己紹介
お願い
当ブログにおける全てのコンテンツの無断引用、転載、使用を固く禁じます。
最近の記事+コメント
カテゴリーメニュー
記事を月別に読むには
カウンター
オンライン状態
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
主な訪問先&コメント投稿先
愛読サイトの更新状況
主な訪問サイトの更新状況
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
最新トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
腹痛
1月中旬辺りから胃がチクチクを刺されるような痛みに時々襲われた。
このことは“誰にも言っていない”それで兄は私に用事→→毒母の○○年金の現状届を毒母に記入・捺印させ毒母の健康保険証、又は本人確認の為の運転履歴証(顔写真付)認め等々持参の上、毒母本人を連れて出向き○/○までに提出させろと、言うのは簡単だが、認知症の毒母を連れて外出となるとそれは大変なのだ!

それで思い切って、兄・姉に一過性の健忘症(疑い)と腹痛であることを伝え「何故そうなったか?」原因を自分なりに想像するのは『ストレス』ではないかと・・・、
今年に入ってから毒親から同じこと繰り返し言われ・責められた。
  毒親「アンタ(私)何で結婚せんかね!」
  私 「この年齢なって、頭髪も薄く、何処に魅力を感じてくれるのか!!」
  毒親「そんなことない!どっかにいい人がいる!今からでも結婚しろ!」
このような堂々巡りの話を・・・、表面上は親が子供を心配しているかのように見えるかも・・・、
しかし 私の独断と偏見では⇒『子供(私)のことより自分(毒母)が大切』
このことは十数年以上前から感じていたことで、兄・姉には言っても理解されないだろうと、、、
しかし兄・姉も自分達の子供が結婚して子供(兄、姉にとっては孫)が生まれたりしたので判るのではないかと思い敢えて言った。

また私が毒親に「兄や姉も心配している」と話すと「遠く行ってしまい直ぐには間に合わんないか!○○おばちゃん(毒母の妹)には〇〇(子供の名前)が居って手助けしてくれる、○○(父親の妹)はチャンと考えて娘を手元に置いて色々やらしゆう・・、」そして「アンタ(私)チャンと食べゆう かね、アンタが体を壊したら大変ぞね」とあたかも私のことを心配しているかのように聞こえるかも、、
しかし真相は身近にいるのは私だけ、つまり毒母の身の回り・雑事をしてくれる私に何かあると困るから=心配しているように言っているだけ、

毒親の信念は『子供のことを思って正しい・いいことを言っている!そして絶対に間違っていない!』 
しかも認知症で言ったことを直ぐに忘れる、だから毒親にしてみれば毎回初めて言う=私には何度も繰り返し言われ続ける、これが苦痛で、ストレス!ここから介護鬱→体調を崩しているのではないかと思う。

毒親 | 【2018-03-06(Tue) 16:55:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。